ホーム > 不明 > ネムキ > 百鬼夜行抄

6.87点(レビュー数:8人)

作者今市子

巻数18巻 (連載中)

連載誌ネムキ:1995年~ / 朝日新聞出版(朝日ソノラマ)

更新時刻 2009-11-25 06:37:08

あらすじ 強い霊能力のあった祖父、飯嶋伶。
その血を継ぐ律にも、この世のものでないモノが見える。
律と妖魔たちが共存する、恐怖とユーモアが絶妙にブレンドされた物語。

備考 2006年(平成18年)、第10回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞。

2007年に日本テレビ系列でテレビドラマ化。

朝日ソノラマは、2007年に廃業・会社清算。既刊の書籍・雑誌は朝日新聞出版が継承。

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 とろっちさん

主人公は祖父譲りの強い霊感を持ち、霊的なトラブルによく巻き込まれますが、
彼は退魔などを専門としていない一般人であり、基本的にはただ「見える」だけ。
妖怪や霊の類と戦ったり、逆に仲良くなったりするのではなく、
あくまでも畏怖の対象として描かれている点が良いです。

伏線が効果的に張られたミステリー仕立てのストーリーと、繊細で艶やかなタッチの幻想的な絵柄。
作品の雰囲気は、時にシリアスに、時にコミカルに、時にほのぼのと。
しかしその裏側には、気を抜けば引きずり込まれる恐怖が常に存在しており、
生と死が隣り合わせで身近にあることを感じされてくれます。

和の美しさ。迷信の怖さ。伝統の大切さ。そして人の思いの強さ。
恐ろしい話も、心温まる話も、考えさせられるような話もあり、
読むごとにじわじわとその面白さが伝わってくる良作です。
ちょっと読んだだけではこの作品の良さが伝わりにくいのが残念。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-03-28 17:29:52] [修正:2010-03-28 18:15:36]

百鬼夜行抄と同じ作者の漫画

今市子の情報をもっと見る

同年代の漫画

ネムキの情報をもっと見る