ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングマガジン > 行け!稲中卓球部

7.53点(レビュー数:54人)

作者古谷実

巻数13巻 (完結)

連載誌週刊ヤングマガジン:1993年~ / 講談社

更新時刻 2011-04-15 20:23:20

あらすじ 熱血少年・竹田が率いる卓球部には、妖怪たちが住むという――。
変態の前野、 「あしたのジョー」オタクの井沢、ハーフの毒ガス王子こと田辺、ド級のムッツリスケベ・田中。副部長の木之下だけが、稲中一のモテ男!
個性豊かな部員がそろうこのクラブは、まさに変人の園……。
濃厚ピンポン・ライフ、ギャグの渦巻く青春グラフィティーのはじまり!

シェア
Check

この漫画のレビュー

人生で一番笑ったギャグ漫画です。
内容は低俗で露骨な下ネタの濫用です。ダメな人はとことんダメでしょう。

死ね死ね団好きでした。あと田原年彦、パンツ職人は腹筋痛かったです。

下ネタだけだと思われがちですが、思春期ならではの苦悩とか、アイデンティティーの確立とか、
劣等感からの捻くれた価値観とか、意味深で共感する部分もあります。

今の暗い作風に通ずる要素も見られます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-23 14:53:26] [修正:2016-01-31 20:24:16]

行け!稲中卓球部と同じ作者の漫画

古谷実の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングマガジンの情報をもっと見る