ホーム > 不明 > 短編集 > 残暑 鬼頭莫宏短編集

6.62点(レビュー数:8人)

作者鬼頭莫宏

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:2004年~ / 小学館

更新時刻 2010-12-02 12:18:30

あらすじ 鬼頭莫宏の軌跡がここに!幻のデビュー作『残暑』から最新短編『ポチの居場所』まで、珠玉の7編を収録!!(小学館紹介文より)

備考 短編集のため連載開始年には発行年を記載。

シェア
Check

この漫画のレビュー

6点 booさん

なるたるやぼくらのなど凄惨なストーリー展開で有名な鬼頭莫宏の心温まる短編集。こんな話も書けるとは意外ですよね。
デビュー当初からの鬼頭さんの絵柄の変遷を知ることが出来る。1から3話目までは絵が現在と比べると荒いので正直辛い。

各話の主人公はある印象的なできごとや事件を忘れられない。そう、まるで残暑のようになかなか無くなってくれないのだ。鬼頭先生の絵はこのようなノスタルジックな作品によく合っているが、中身は可もなく不可もなくという作品が多かった。
作中に漂う少し昔懐かしい雰囲気は心地がいいし、読後感も悪くない。でも短編には着眼点の斬新さ、すっきりまとめられたテーマ性など長編では難しいようなものを求める私にはあまり評価は出来なかった。期待が高すぎたってのもあるかもしれないが。

しかし「パパの歌」は白眉。飛びぬけて良かった。
退屈なお父さんのいる実家に帰省する妊娠した娘とその夫。ギャンブル好きで柄の悪い夫は会社人間だったお父さんとは正反対の全く違う人間のように思える。しかし…
素敵な話。話の構成や忌野清志郎の歌の使い方も巧い。

初鬼頭莫宏で残暑はすすめにくいですが、なるたるなどに興味を持った人はぜひこちらも読んでみてください。新たな鬼頭先生の一面も知れて、一読の価値はあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-17 00:10:25] [修正:2011-07-17 22:15:41]

残暑 鬼頭莫宏短編集と同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る