ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > ドリフターズ

6.9点(レビュー数:21人)

作者平野耕太

巻数4巻 (連載中)

連載誌ヤングキングアワーズ:2009年~ / 少年画報社

更新時刻 2012-07-16 19:45:17

あらすじ 西暦1600年の日本、関ヶ原の戦いの最中、敗走する島津軍の殿軍を務めた島津豊久は、追撃に来た敵将井伊直政に手傷を負わせるも、首を取れずに逃げられてしまう。死に花を咲かせられずに、重傷を負って失意のままに山中を放浪していた豊久は突如異界へ流れ着く。

備考 巻末漫画

シェア
Check

この漫画のレビュー

4点 チーズカバオさん

この作者は読者に甘えすぎだと思う。
ヘルシングの後半から言えることだが、平野耕太がどんな話を描いても「ヒラコーカッコイイ」って感じで全肯定する読者が多いものだから、もはやこの十余年は作者も「以下に楽に、適当に仕事するか」しか考えていないと思う。
だから、1、2年に一度出るコミックスでまとめ読みをした時ですら、滅茶苦茶散漫な展開で、メリハリがまるで無い。
たまにちょっと閃いたときや、少し興が乗った時にイカす話は描くものの、基本的に向上心も探究心も無いのですぐになぁなぁで終わるし。
ドリフターズもこれだけ完璧なベースを創ったのに、作者のモチベーションがこれでは名作には成り得ないだろう。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2017-07-30 20:46:08] [修正:2017-07-30 20:46:08]

ドリフターズと同じ作者の漫画

平野耕太の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る