ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 地雷震

7.45点(レビュー数:22人)

作者高橋ツトム

巻数19巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1992年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 12:56:12

あらすじ 高橋ツトムのデビュー作。
新宿警察署の刑事・飯田は日本、そして海外を舞台に凶悪犯罪に立ち向かう…
凶眼の刑事・飯田響也が見据える人間の”生”と”死”、そして”犯罪”という”本能”??。

備考 文庫版の一巻には幻のデビュー作が収録されている。

シェア
Check

この漫画のレビュー

主人公は寡黙で冷血ですが、芯が通っています。

人間、特に犯罪者等のダークな深層心理に着目し、
作風に合った重厚な画で展開していきます。

カルト教団、少年犯罪などの社会問題も織り交ぜています。

オムニバス形式で読後は良いものではないですが、どの話も完成度高いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-03 16:51:46] [修正:2016-03-27 18:35:35]

地雷震と同じ作者の漫画

高橋ツトムの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る