ホーム > 青年漫画 > イブニング > もやしもん

6.27点(レビュー数:58人)

作者石川雅之

巻数13巻 (完結)

連載誌イブニング:2004年~ / 講談社

更新時刻 2011-07-14 21:10:51

あらすじ 肉眼で菌が見えて指でもつまめる、不思議な力を持つ主人公沢木の、農大を舞台としたコメディ物語。連載当初のタイトルは「農大物語」だった。

備考 2007年TVアニメ化。受賞:第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞第32回講談社漫画賞一般部門平成20年度醤油文化賞

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 朔太さん

第一話は“農大物語”というタイトルで始まった。
が、3話くらいから、”もやしもんへ。

テーマとする、菌が見える主人公沢木と仲間が農大で
織りなすばかばかしい日々、がとても良い。
知性の府でもあるが、祭りなどに代表される一体感など、
とても健全な若者の成長機会として農大が描かれ、
部活でもない研究生活でもないノンポリでもない
こんな大学生活が、羨ましく思える読者に支持された
のではないか。
しかし、本作品にステレオタイプの娯楽性を期待するといけない。
淡々と日々が過ぎていく。

一方で、一般学生では考えられない冒険やトラブル、
イベントも織り込んであって、渡仏編、渡米偏、ミス農大
降ろし編、高校生西尾編などは一気に読みたくなる
荒々しさもある。

6巻は特に良かった。結婚を隠してフランスに渡る長谷川遥を
追って、でこぼこ3人組のフランスワイン畑での奮闘ぶりと
ワイン畑を守るフランス農家の魂、美里と遥の逃避行は楽しめた。

“発酵”や“農業”、“地ビール”、“日本酒”、“添加物”、
“食料自給率”などへの薀蓄(うんちく)や見識については、
半端ない専門的知識と解釈を提示してくれる小気味よさがある。

さらには、ここが一番の魅力だが、登場する女性が皆可愛く、
格好良く、知性満載だ。
周囲を彩る師匠(教授)や小汚い貧乏学生などのサブキャラも
際立っている。

漫画の新しい可能性を開拓してくれた貢献についても評価したい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-14 19:44:27] [修正:2017-03-14 19:44:27]

もやしもんと同じ作者の漫画

石川雅之の情報をもっと見る

同年代の漫画

イブニングの情報をもっと見る