ホーム > 不明 > 短編集 > 週刊石川雅之

6.7点(レビュー数:10人)

作者石川雅之

巻数1巻 (完結)

連載誌短編集:2002年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:39:54

あらすじ 東京生活で変わり果てた姿となった我が子との再会と、そこで語られる衝撃の事実『彼女の告白』。イカサマ超能力者の秘密『テレビショウ』。領主様主催の大タコ祭での盛大な勘違い『よかったね』。疲れた女のちょっとした出会いを描いた『ただそれだけで』。バス停で出会った2人のそれぞれの悩みが交錯する『バス停』。などなど、バラエティ豊かな11話収録の短編集。

備考

シェア
Check

週刊石川雅之のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全10 件

6点 オカシューさん

短編集。「もやしもん」ファンは楽しめると思います。
チャラい絵のギャグ作家がやるような内容を凄い描き込みの絵でやっているのが最大の特徴。

差はあるけれど大体どれもいい感じでおもしろい。
ただこの作品に限らないが出演キャラの代わる短編の宿命か思い入れはしにくい。

個人的には忍者の話は連載で続きを読みたい。

しかし絵は練習すれば上手くなるものであるがこの人レベルになるのは才能も必要と感じさせられる。

醸(かも)された秀作。









ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-05-05 00:08:48] [修正:2010-05-05 00:08:48] [このレビューのURL]

7点 とろっちさん

かなりバリエーションに富んだ短編集。
「もやしもん」ともまた違った独特のテンポ・雰囲気を醸し出しています。

100点ではなく、70〜80点がたくさん詰まっています。
すごく面白い、というわけではないですが、なんとなく楽しくなれます。
たまにはこういう作品に寄り道してみるのもいいのでは。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-11-16 00:21:41] [修正:2009-11-16 00:21:41] [このレビューのURL]

9点 しまうまさん

高く評価されるべき作品。

最高の出オチ漫画と深い作品がうまく混ざってる。

石川先生はトーンが好きじゃないんだなてのが分かる。

そういう絵の書き方が、登場するキャラにさらに良い味を出させる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-12-14 23:40:22] [修正:2008-12-14 23:40:22] [このレビューのURL]

5点 ゆきやさん

一番最初の性転換の話が面白かった。
非常にユーモラスでエンターテイメント性の高い短編集。

それ以上でも以下でもない。
買って損したとは思いませんけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-25 23:29:07] [修正:2007-06-25 23:29:07] [このレビューのURL]

10点 rongaiさん

短編集でこんなに面白いと思えたのはちょっと初めてかもしれない…。
絶妙にシュールな笑いと、温かみを演出できる石川さんに圧巻だった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-14 16:53:30] [修正:2007-06-14 16:53:30] [このレビューのURL]

PR


12
次の10件>>

週刊石川雅之と同じ作者の漫画

石川雅之の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る