ホーム > 不明 > アニメージュ > 風の谷のナウシカ

8.05点(レビュー数:77人)

作者宮崎駿

巻数7巻 (完結)

連載誌アニメージュ:1982年~ / 徳間書店

更新時刻 2012-09-13 16:35:56

あらすじ 極限まで科学技術が発展した人類の引き起こした「火の7日間」と呼ばれる最終戦争により、文明が滅びた後の遠未来世界が舞台となる。人々は発掘される戦争以前のオーバーテクノロジーを利用しつつも、基本的には中世的な生活を送っている。腐海と呼ばれる、巨大な菌類・苔類・シダ類からなる森、そこに棲む蟲(むし)と呼ばれる巨大節足動物群。人々はそれらに脅え、あるいは畏れ敬いながら生きている。

主人公ナウシカは、腐海のほとりにある、辺境の小国「風の谷」の族長の娘である。本作品では腐海や蟲をも愛する心優しいナウシカが様々な人々と出会い、艱難辛苦を重ねて成長し、自らと世界の運命、そして世界の真実の姿に向き合い、受け入れていこうとする姿が描かれていく。
(wikipediaより)

シェア
Check

この漫画のレビュー

9点 yumenneさん

好きな漫画は?と聞かれたらこの作品の名前を挙げます。まああんまり下品な漫画をあげるわけにはいかない、という理由もありますが、やっぱり面白い作品だと思います。

自分は、ベジタリアンではないですが、動物と人間の間にあんまり区別を設けるような考え方は嫌いです。例えば"人でなし"という言葉を侮蔑の言葉として使うようなことは嫌いです。ヒトでないから、ヒトより劣っているなんて、そんなこと絶対におかしいと思います。また、"自然"という言葉の範囲に人間を含めないことにも違和感を覚えます。未だに、多くの人にとって、人間は"神の似姿"であると思います。しかし、それはまちがっていると自分は思います。
こういうことを考えるのが自分は好きです。これがこの話を僕が好きな理由のひとつでしょう。


この物語は自然の中で自然に寄り添い、自然に抗うナウシカと、他の人間たちの話です。善人も悪人もおらず、ただみんな一癖二癖あり、生き生きと描かれています。世界観も素晴らしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-11 21:04:36] [修正:2018-05-11 21:04:36]

風の谷のナウシカと同じ作者の漫画

宮崎駿の情報をもっと見る

同年代の漫画

アニメージュの情報をもっと見る