ホーム > 不明 > ネムキ > 百鬼夜行抄

6.87点(レビュー数:8人)

作者今市子

巻数18巻 (連載中)

連載誌ネムキ:1995年~ / 朝日新聞出版(朝日ソノラマ)

更新時刻 2009-11-25 06:37:08

あらすじ 強い霊能力のあった祖父、飯嶋伶。
その血を継ぐ律にも、この世のものでないモノが見える。
律と妖魔たちが共存する、恐怖とユーモアが絶妙にブレンドされた物語。

備考 2006年(平成18年)、第10回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞を受賞。

2007年に日本テレビ系列でテレビドラマ化。

朝日ソノラマは、2007年に廃業・会社清算。既刊の書籍・雑誌は朝日新聞出版が継承。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 臼井健士さん

いちおう妖怪ものに分けられる漫画だが、「おどろおどろしさ」よりもむしろ画集が出るような作者の絵の美しさのほうが目立つ。

幼い頃から作家であった祖父の血を引くせいで霊感の強い主人公と、その周囲の人々が経験する不可思議な事件にまつわる「この世にあらざるものたち」。

だがそれらの多くは我々人間の浅ましい欲が生み出したものだったりする。
日常の平穏さとその影に潜む「非日常的」な妖魔のものたちとのストーリーは、平和の裏にある危険を示唆しているようでドキッとさせられる。
妖魔たちの目から見れば、我々人間はさも滑稽な生き物と映ることであろう。

そういえばこの漫画のタイトルで、四字熟語にもある「百鬼夜行」(化け物が群れを成して、ねり歩くこと)の読み方は「ひゃっきやこう」ではなく、「ひゃっきやぎょう」が正しいようです。

つまりこの漫画も「ひゃっきやこうしょう」ではなく、「ひゃっきやぎょうしょう」と読むのが正しい・・はず。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-07 08:50:39] [修正:2013-08-15 14:02:49]

百鬼夜行抄と同じ作者の漫画

今市子の情報をもっと見る

同年代の漫画

ネムキの情報をもっと見る