ホーム > 青年漫画 > ヤングマガジンアッパーズ > バジリスク-甲賀忍法帖

5.91点(レビュー数:45人)

作者せがわまさき

原作山田風太郎

巻数5巻 (完結)

連載誌ヤングマガジンアッパーズ:2003年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-25 09:00:56

あらすじ 江戸の世、天下人・徳川家康は甲賀と伊賀という忍法の二大宗家を相争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦の結果どちらが生き残るかによって、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが憎み合う両家にあってそれぞれの跡取り、甲賀弦之介(げんのすけ)と伊賀の朧(おぼろ)は深く愛し合っていた。そして・・・

原作は山田風太郎の大人気『忍法帖』シリーズ

備考 時代小説「甲賀忍法帖」を漫画化した物。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 フクポルさん

<所持歴:全巻>

原作未読・アニメ未見。

甲賀VS伊賀の忍者による忍法バトルロワイヤル。
が、キャラの造形、技(忍法)が人の域を超えてるので
「妖怪大戦争」と言った方がしっくりきます。
そこが許容できれば良作。

それぞれの軍勢は10人。10VS10からスタートしますが
その20人のメインキャラ以外、殆どサブキャラが
登場せず、その癖バッタバッタとリタイア者が続出。
後出しジャンケンの様なダラダラインフレバトル、
新キャラ無尽蔵などの展開の無意味な引き延ばしなどが
無いので、展開の速さという面では外に類を見ないです。
ただ、その点は長所でもあり短所。
(展開があまりに早過ぎる)

・・・とまぁ、ここまで書いてみましたが、既レビューと
なんら変わるものではなく、言い換えれば(得点の高低に差はあれど)
読者の大半が同じ印象を持っているということ。


あと、連載中は問題ないんですが、単行本で読む場合、
目次は見ない方が良いかと。
各話のタイトルが「十対十」「七対九」などと付けられてるんで
どちらが何人リタイアしてるかが分かってしまいます。
まぁ「誰が」までは当然分かりませんが、例えば次の話のタイトル
でどちらかの人数が減ってれば、現在のバトルでどっちが負けるか
予想がついてしまいます。

全5巻と少なく、前述の様にサクサク進んでサクサク読めますが
繰り返し読むかと言われたら、ちょっと考えてしまいます。
なので評価としては7点。


最終話は陰陽座の「来世邂逅」をBGMに読むのも一興。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2011-01-10 03:31:06] [修正:2011-01-10 03:37:48]

バジリスク-甲賀忍法帖と同じ作者の漫画

せがわまさきの情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングマガジンアッパーズの情報をもっと見る