ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 fasterさん

原爆という重いテーマを扱った漫画といえば、原爆のあまりの悲惨さを伝えるために原爆投下直後の様子を描いているものが多いと思う。
でもこの漫画は、投下後時間がたっても続く後遺症などを描いていて原爆について、今まで自分が持っていたイメージとは別の何かが伝わってきた。
あと、この何とも言えない絵から気持ちがストレートに伝わってくるようなそんな印象を受けた。

まあでもやっぱり評価が難しい漫画だというのは間違いないと思う。
主張は素晴らしいと思うが、読み物としては少し物足りなさを感じた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-06-01 22:16:56] [修正:2013-07-25 00:14:10]

夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る