「faster」さんのページ

総レビュー数: 115レビュー(全て表示) 最終投稿: 2008年04月02日

刃牙シリーズ第1作にして刃牙シリーズ最高傑作。

この後、2部、3部、外伝…と、どんどん広がっていく刃牙シリーズだが、人気キャラは第1作のグラップラー刃牙が初出のキャラが多い。
それだけ魅力的なキャラが多数登場する。

そんな魅力的なキャラたちがぶつかり合うトーナメント戦なんて熱くないわけがない。
少しでも格闘技に興味がある人なら、胸が熱くなる展開の連続だろう。

絵は独特だがそれぞれの格闘技の特徴を面白く捉えていると思うし、かなり魅せられる構図になっている。

刃牙シリーズは長すぎると感じる人にも、グラップラー刃牙だけは読んでみてほしいと思わせる快作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-27 22:22:43] [修正:2013-07-27 22:22:43] [このレビューのURL]

ホラーなのにギャグという新しいジャンル。

絵はお世辞にもうまいとは言えないのに、読み進めていくとなぜだか惹きこまれてしまう魅力がある不思議な絵。
何で押切蓮介の描く女の子はこんなにも可愛く思えるのか…
不思議でならない。

ギャグは大爆笑できる類いのものではないが、安心して読むことができる安定感のある話が多い。
そのギャグを支えているのは、個性的なキャラ設定だろう。
個性的でありながらも破綻しすぎない、素晴らしいキャラが多いように感じた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-26 21:09:53] [修正:2013-07-26 21:09:53] [このレビューのURL]

3点 モテキ

何でこの漫画が話題になったのかが分からない。

まず登場人物の行動概念が理解できない。
何でそーなる?の連続。
主人公もそうだし、周りの女の子たちの行動も意味不明。

それから、絵も好きになれない。
そこまで下手な絵じゃないとは思うが、結構癖のある絵で自分には合わなかった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-25 14:48:44] [修正:2013-07-25 14:48:44] [このレビューのURL]

9点 ARIA

雰囲気漫画の最高峰。

まず何より絵が綺麗。
人物もそうだが、何より風景が断トツで上手い。
こういう雰囲気だけで圧倒する画風は他の追随を許さない。

ストーリーも読んでいて心が温まるやら切なくなるやら、本当に色々な感情を持つことができる内容になっている。
美しい日常を綺麗に描ききっているなという印象を受けた。

こういう生活が送れたら幸せなんだろうなぁとつくづく思う…。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-25 02:09:35] [修正:2013-07-25 02:09:35] [このレビューのURL]

10点 SLAM DUNK

名作。バスケ漫画の最高峰。
最終巻は本当に感動した。

湘北バスケ部のレギュラー全員のキャラが良い。
さらに、監督、マネージャー、ベンチ陣、ライバル校…見事に描き分けられている。

個性的で魅力的なキャラたちだと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-04-01 23:05:05] [修正:2013-07-25 01:58:50] [このレビューのURL]

全体を通して何とも言えぬ緊張感があっていい。
どれもこれも緊迫の心理戦で非常に楽しめる。

特に限定じゃんけんは素晴らしい出来だった。

絵が嫌な人もいると思うがこの内容にはこの絵がマッチしてると思う。
独特の絵や言い回しが良い味になっている。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-10-11 00:51:34] [修正:2013-07-25 01:57:57] [このレビューのURL]

体に寄生され、更に一部に人間は完全には寄生されないという点においては寄生獣と共通しており比較されるのも無理はない。

だが、デビルマンは本当に恐ろしいストーリーだと思う。
ある程度の展開は読めていたがラストのあの衝撃的なシーンは考えもつかなかった。
そして何よりこの漫画は人間の醜さというのをうまく表していると思う。

絵が古臭くて嫌いという人も中にはいるだろう。
でもその絵がまた良い味を出している。

この独特な雰囲気はこの当時の絵でなければ出せないと思った。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-10-20 19:16:48] [修正:2013-07-25 01:57:03] [このレビューのURL]

今まで読んだ漫画の中でここまで心が震えたものはない。
あまりの出来に鳥肌が立った。

3巻という短い巻数の中にこれでもかというくらい濃厚な内容。
画風が独特なのは否めないが、そんなことは差し置いてもとにかく圧巻だった。

賛否両論が激しいこの漫画だが自分は好きだ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-21 00:31:27] [修正:2013-07-25 01:55:56] [このレビューのURL]

作者曰く「少年マンガのように元気な絵で、少女マンガのような王道のお話を、青年誌で描きたい」というイメージから作った漫画らしいがそのイメージにぴったり合っている。

前作のヘヴンズドアのような鳥肌が立つ面白さではないけど日本橋ヨヲコの漫画って感じで面白い。

もうすでに完成されたかのような完璧なキャラ設定、ストーリー。これでまだ少ししか巻数が出てないんだからこれからどうなるか楽しみ。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-02-14 21:22:47] [修正:2013-07-25 01:54:32] [このレビューのURL]

初めに言っておくとアニメは見てない。

ものすごく深い話。
環境問題が問題視されている今これは読むべきだろう。
とはいっても最初の方は小難しい言葉が出てきたり世界観を押し付けられている気がして読みづらかった。

でも途中から何が言いたいのかわかってきたしこの漫画の深さに気付くことができた。
主人公は確かに純粋すぎるところがあるがそれくらい極端な主人公じゃないとこのテーマは伝わらないと思う。

たった七巻なのに異常なまでの読みごたえがあり、読み終わったあとには何ともいえぬ感情が残ったのを覚えている。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-17 18:30:17] [修正:2013-07-25 01:53:53] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789