ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > グラップラー刃牙

7.44点(レビュー数:70人)

作者板垣恵介

巻数42巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:1990年~ / 秋田書店

更新時刻 2011-04-23 06:16:34

あらすじ 主人公の範馬刃牙は、「世界最強の生物」であり
「父親」である範馬勇次郎を倒すために
日々闘い続ける…。

備考 第2部「バキ」に続く。

シェア
Check

グラップラー刃牙のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全70 件

[ネタバレあり]

『バキ』の面白さの本質というのは、あの偉大なる範馬勇次郎なんだよ。
「地上最強の雄」というなぁ。

格闘マンガの要諦は、強さを乗り越えることにあるわけ。
どういうことかと言うと、強い者同士が対戦することが格闘物の構造だよな。そして、面白さというのは常に意外性にあるわけだよ。
そうすると、格闘物の命というのは、その展開の意外性にある、ということになるわけ。
つまり、戦いの展開に於いて、一方がその強さを示した場合、もう一方が意外な反応を示すことで成立する、ということだ。
だからある設定を一方に施して、それが常軌を逸した強さを示す、とするよ。そうしたらもう一方はそれ以上の常軌を逸する強さを示す、という展開だよ。
またはそういう強さを難なく受け流すことでも、意外性というのは達成できるわけ。
そこにいろんな理由付けをしてやるのが、作者の技量になるのな。

恐らくそのことに気付いたのは、夜叉猿との格闘だと思うよ。あそこに『バキ』の構造の全てがあるよ。
相手は強大すぎて、全ての技が通用しない。そういう設定に自分を追い込んで、じゃあどうすれば勝つように出来るのか。
その自分を追い込む設定の中で、発想が生まれることに作者自身が気付いたんだよな。
そして話を盛り上げる意外性の本質を掴んだわけ。
勇治郎が後に、いとも簡単に夜叉猿を仕留めて首を持って来るよなぁ。ああいうことが、また一層のエネルギーにもなるんだよ。

つまり、自分が戦わなければならない理由として、大事な者の死が必要だ、ということだ。ここに『バキ』の物語の深さが生まれるわけ。
だから次々と異常な強さを示す登場人物を設定し、それらを戦わせることで、更に強さの設定を思いつく、というな。
そういう追い込みがあの作品の面白い意外性の源泉となっている。

まあしかし、物語の核となる母親の死による勇次郎への復讐というものがあったわけだ。それがあのラストに於いて、ああなっちゃっただろ(笑)?
範馬勇次郎が『バキ』の本質だというのは、全ての意外性は勇次郎によって乗り越えられる、ということなんだよ。
あの存在があるから、際限なく色々な強さを思いつくことが出来たのな。

しかし、その本質が物語の決着を非常に困難にしてしまったんだよ。勇治郎に勝つことが出来ない物語なんだよな。勇次郎が全てに君臨することで成立する物語だったから。
だから、あのような腰砕けのラストにするしかなかった。勇次郎に勝つことなく、圧倒的な強さを示しながら親父の子供への愛情による譲歩、という形で終息したんだな。
「親子喧嘩」という限定的な、そこに情愛の通う形にするしかなかったんだよ。もう終盤ではしきりに「親子喧嘩」ということを強調していたじゃない。
あれは要するに「手加減するぞ」という伏線だったわけだ。
もしもバキが勇次郎に勝ってしまうと、これまでの勇治郎の無敵の強さによって支えられてきた物語が崩壊してしまうんだよ。
あれは範馬勇次郎によって支えられてきた物語なんだよな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-08-10 11:51:44] [修正:2019-01-20 15:03:11] [このレビューのURL]

異種格闘技という格闘のみに特化した作品です。

バトル描写も迫力があり、躍動感が溢れています。

脇役陣も魅力的で、美学を貫く様がカッコイイです。
それぞれのドラマもしっかり掘り下げられてると思います。

矛盾点など、粗はありますが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-14 20:43:06] [修正:2015-05-30 16:40:19] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

この作品は最高に面白い格闘マンガです。

様々な続編やスピンオフがありますが、このオリジナルは非常に素晴らしい作品です。

この作品以外の『刃牙・バキ』は時間の経過と共に評価を下げていき、個人的には2点くらいまで下がるので、この作品での評価のみとさせていただきます。

『修羅の門』でいうところのトーナメント編にあたる作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-12 19:00:14] [修正:2015-03-12 19:00:14] [このレビューのURL]

6点 朔太さん

[ネタバレあり]

男の子が大好きな格闘技勝ち抜き戦漫画の代表格。

とても勝てそうにない強敵を倒したら、またまた次の強敵現る展開が続く。

読みやすくてコンビニ厚版で42巻分アッという間に読めるお手軽さが良い。

King of 少年漫画 の一つか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-17 10:32:44] [修正:2013-08-17 10:32:44] [このレビューのURL]

8点 fasterさん

刃牙シリーズ第1作にして刃牙シリーズ最高傑作。

この後、2部、3部、外伝…と、どんどん広がっていく刃牙シリーズだが、人気キャラは第1作のグラップラー刃牙が初出のキャラが多い。
それだけ魅力的なキャラが多数登場する。

そんな魅力的なキャラたちがぶつかり合うトーナメント戦なんて熱くないわけがない。
少しでも格闘技に興味がある人なら、胸が熱くなる展開の連続だろう。

絵は独特だがそれぞれの格闘技の特徴を面白く捉えていると思うし、かなり魅せられる構図になっている。

刃牙シリーズは長すぎると感じる人にも、グラップラー刃牙だけは読んでみてほしいと思わせる快作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-07-27 22:22:43] [修正:2013-07-27 22:22:43] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

グラップラー刃牙と同じ作者の漫画

板垣恵介の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る