ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > 範馬刃牙 SON OF OGRE

4.17点(レビュー数:23人)

作者板垣恵介

巻数37巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:2006年~ / 秋田書店

更新時刻 2009-11-25 06:33:56

あらすじ 空手、プロレス、中国拳法、柔術、ボクシング、レスリング…「最強」の名に魅せられた格闘界の怪物たちが真の決着を求め集う聖地―それが東京ドーム地下闘技場だ!!そして、そこに君臨し続ける王者の名は範馬刃牙。 齢十八になったばかりの少年王者のもとには最強の名を求め、五人の最凶死刑囚、中国の海王らが現れ、激闘の日々が続いた。 だが刃牙の本当の望みは、地上最強の生物と恐れられる父・範馬勇次郎との対決だった。そして…ついに刃牙は挑戦の意思を伝え、父・勇次郎が挑戦を受けた!ここに史上最大の親子喧嘩が勃発する!!!

備考 「バキ」シリーズ第3部にして最終章

シェア
Check

範馬刃牙 SON OF OGREのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全23 件

2点 三助さん

[ネタバレあり]

なんなんでしょうかこれは。
色々言いたいことがありますが、まずピクルがいらないです。
軍隊に立ち向かえるような人達が
ちょっと頑丈な原始人にキズすらつけられないとかおかしいでしょう。

あと勇次郎はキャラ変わりすぎです。ゲバルはどうでもよかったし。
バキシリーズの評価を落としただけの漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-16 23:57:31] [修正:2015-01-16 23:57:48] [このレビューのURL]

5点 paranaさん

[ネタバレあり]

グラップラー刃牙連載時から見ると
現実の格闘技の世界では、異種格闘技戦から総合格闘技への集約がおこり、日本では格闘技ブームが過ぎ去った。
そんな現実の流れを受けてか、刃牙はトンデモバトルを楽しむギャグ漫画として読むのが正しい読み方のようになっていったと思う。

最大の注目点は、どのようにして話を完結させるかだったのだが
エア味噌汁と言う、ギャグ漫画目線読者に最高のネタを与えつつ
「強さとは何か」についての答えを示すという、
非常に良い終わり方をしたと思う。

残念な引き延ばしのバトルが色々と長く続いたマンガだったけど板垣先生お疲れ様でした、と言いたい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-12-23 12:48:17] [修正:2013-12-23 12:48:17] [このレビューのURL]

3点 佐藤くんさん

[ネタバレあり]

刃牙シリーズのファンで前作までは楽しんで読ませていただきました。
しかしこの作品はいただけません。

いろいろ言いたいコトが有るんですが一つだけにします!!























あのラストはあり得ないだろ!!!!!!!!!!!!!!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-18 15:59:26] [修正:2013-03-18 15:59:26] [このレビューのURL]

5点 asd5さん

地上最強の引き延ばし劇、遂に完結。
引き延ばし劇と言ってもキャラが立ってますからね、一応娯楽として読めるんですよね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-30 22:07:45] [修正:2012-10-30 22:07:45] [このレビューのURL]

1点 columbo87さん

板垣は才能が残ってる間にラストバトルやってればよかったんや・・・
そうさせなかったのは本人の性なのか出版社の責なのかはたまた読者の業なのか・・・
今となっては知る由もないがッ!範馬刃牙完結ッ!!

だいぶ前から期待外れで終わるんだろうなぁとは覚悟してたのでそこまでショックはありませんでしたが、もののみごとに駄作として終わりましたねーここまでくると逆にすがすがし…くねぇな
天才だった頃の輝きは見る影もなく、板垣自身がどこかで勘違いしてネタ漫画にしてしまったことは非常に残念。自分で自分の作品を裏切る行為っていいんですかぁ?


190話の、江珠の死を刃牙がどう受け止め勇次郎と戦うのか、というエピソードだけよかったので1点つけました。他はウンコです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-28 14:55:07] [修正:2012-08-16 12:39:45] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

範馬刃牙 SON OF OGREと同じ作者の漫画

板垣恵介の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る