ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > 侵略!イカ娘

5.75点(レビュー数:24人)

作者安部真弘

巻数22巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:2007年~ / 秋田書店

更新時刻 2011-01-07 11:22:38

あらすじ 海を汚す人類どもを懲らしめようと、海の底から恐ろしい侵略者がやって来た!! その名は……イカ娘!? 地上侵略の足がかりにすべく、手始めに「海の家れもん」を占拠しようとするが…!?

備考 2010年および2011年テレビアニメ化

シェア
Check

侵略!イカ娘のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全24 件

5点 Leonさん

下の方が仰っていたけど、変わりものだらけのチャンピオンでここまで
長く出来たのはある意味凄いな。画力はあるし、イカ娘は可愛い。
だけど、ストーリーはよくあるもので面白さがイマイチ。
みつどもえ、24のひとみ、無敵看板娘とギャグ漫画の傑作みたいに
突き抜けた個性があったらなぁと思う。ただその突き抜けた個性のなさが
チャンピオンにおいてかえって雑誌における清涼剤としての
人気を集めた理由なのだろう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-29 21:28:08] [修正:2019-09-20 05:56:42] [このレビューのURL]

6点 鋼鉄くらげさん

なんだかんだで九年近い長期連載作品となった「侵略!イカ娘」ですが、ハタから見るとごく平凡なこの作品が、一体なぜここまで長期連載することができたのかと考えたとき、「その掲載誌が、変わり物だらけの週刊少年チャンピオンだったから」というのが、その理由の一つとして挙げられると自分は考えています。

こう言っては語弊がありそうですが、自分は週刊少年チャンピオンは少し不気味というか近寄りがたい雰囲気を感じていて、ジャンプやマガジン、サンデーなどと比べると、どうしても異質というか、気楽には読みづらい雰囲気が雑誌全体から漂っていて少し苦手でした。

しかし、そうした異質の集合体である週刊少年チャンピオンの中で数少ない「普通」の作品として連載していた「侵略!イカ娘」は、異質の中でむしろ逆に「異質」として読者の心の清涼剤的な役割を担っていた。そのことが、週刊少年チャンピオンで長く掲載できた理由の一つだったのではないかと、自分は考えています。

そしてそう考えると、どんなものにも「運」はあるように感じます。(しかしこれは単にマグレや偶然という意味ではなく、運気や運勢、勢いやタイミング、巡り合わせという意味の方が近いです)漫画やアニメ。ゲームに映画。創作物はスピードも大事だと思いますが何よりも時代の運に合うかどうか。ヒットするしないは結局時代を味方につけるかどうかなんだろうなと、色んな創作物の栄枯盛衰を見てきて、今そんなことを思います。

そういった意味でも、「侵略!イカ娘」は時代と雑誌、そしてそのタイミングなど、色々な部分で「運」が良かった作品だったと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2017-02-03 22:48:03] [修正:2017-02-03 23:04:19] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

自称侵略者イカ娘を中心とした海の家を舞台にしたコメディ漫画。「イカちゃんかわいい」で知られているだけに主人公イカ娘の魅力(自然な可愛さ)が凄いです。掲載雑誌チャンピオンのヒロインとして9年間支えただけのものはあります。脇キャラ達もイカ娘を引き立てる存在ながら、嫌みなくそれが出来ていました。それぞれがイカ娘に対して呼び方が変わる関係性の変化はなかなか上手い部分。絵が可愛い絵柄でありかつ上手さを感じるのも評価点。

一方で「話は面白くない」とも言われますし、実際もっとキレがあればと思う部分もありますが、ほのぼの安定しつつたまに本当に笑えますし、下ネタ、暴力、重い話の不愉快な感じがなく一貫したのは良かったかと。最終回も終わらない日常を選ぶ終わり方はらしくて良かったと思います(おまけ別季節漫画が実は後日談だったことに。ただシンディー達の帰国は寂しかった)。

作者の師匠である「無敵看板娘」に通じる部分がありますが(長期漫画ながら登場人物をあまり増やさないなど)、総合的には超えた出来だと思います。特に最近安心して読める作品が減ってる感がある中で元気を与えてくれる漫画でした。一話完結が基本ながらたまに過去の話題も出るので一気読みでも楽しめます(出来の落ちる話が来た時すぐに次に行けるメリットがある)。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-08 01:53:44] [修正:2016-06-08 01:53:44] [このレビューのURL]

5点 ドルバッキーさん

1話が短いので読みやすいです。

イカちゃんはめちゃくちゃかわいいです。

ギャグの質は高めだと思いますが、アニメの方が面白いように感じました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-04-01 21:52:09] [修正:2012-05-13 16:05:04] [このレビューのURL]

5点 臼井健士さん

海を汚す人類の姿に怒ったイカの姿をした女の子が地上侵略を開始。
たまたま上陸した海岸の「海の家」を侵略の拠点としようと目論んだのだが・・

イカと人間の女の子のハーフ(?)のような主人公が人間社会に溶け込んでいく過程での勘違いから巻き起こす騒動の数々を毎回描くという作風らしい。

コメディ路線なので「絵柄」はむしろこんなものかも。
「けいおん!」なんかと違って四コマ漫画形式でないだけまだ読めます。

但し、面白いかというと微妙。イカ娘のキャラに作品の魅力の大半が依存しているので、イカ娘を気に入らねば評価はおのずとして低くなるだろう。

漫画としては平均か、平均よりやや下。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-07 16:35:10] [修正:2012-01-07 16:35:10] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

侵略!イカ娘と同じ作者の漫画

安部真弘の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る