ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > 弱虫ペダル

7.66点(レビュー数:21人)

作者渡辺航

巻数32巻 (連載中)

連載誌週刊少年チャンピオン:2008年~ / 秋田書店

更新時刻 2010-01-24 23:58:14

あらすじ 千葉県立総北高等学校の新入生、小野田坂道はアニメやゲームや秋葉原を愛するオタクである。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は高校でアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り意気消沈する。一方、同じく新入生で、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔はトレーニング中、学校の裏に有る斜度20%をこえる激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する小野田坂道を目撃する…。

備考 2013年テレビアニメ化

シェア
Check

弱虫ペダルのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全21 件

8点 Scroogeさん

アキバへ自転車で通うおたく少年が高校入学をきっかけに自転車レースの魅力にとりつかれていくスポーツ漫画。

自転車競技に対して全く知識の無い素人が想定読者。
主人公と読者を重ねることで、新しいテクニックや道具が登場するたびに新鮮な驚きを与えている。
簡単に言うと、自転車ってすごい!自転車って楽しい!と繰り返し言う漫画。
そこへ、少年漫画的なライバル対決のカッコ良さを持ち込んでいる。

全体的に漫画が上手い。既存作品のから取り入れた要素の集合体だが、全体のまとまりの良さと勢いでグイグイと読ませる。
悪く言えば模倣、良く言えば過去に学んだ王道。

キャラクター造形も少年漫画らしく、能力や性格の立て方が上手い。
スポーツの勝負なのに選手同士がやたら会話していたり、
得手不得手が極端で非現実的なところは、少年漫画だからしょうがないというところか。

新しい道具、新しい技術の連発と、既存作品からの取り込みは、ウブな読者には効く。
しかし、自転車レースの漫画をよく読んでいる人ほど楽しみにくいかもしれない。
自分はこれが初めての漫画でラッキーだったと思う。

余談だが、タイトルの『弱虫ペダル』は内容にマッチしていない。
弱虫が自転車で強くなる漫画ではなく、基本的に誰も弱音を吐かない。

2013.12追記
インターハイが終わった後も悪い意味でテンションが下がらない。
全キャラが暑苦しくレースに賭ける思いを語り合い、順番に必殺技を繰り出して話の都合で負けていく。
敵と勝負してないのにこの苦しさでは、レースはどうするのか。
もはや自転車に乗ると楽しいとかいう次元ではなく、各キャラの設定と都合を延々並べているだけ。
絵的にも勢いを前面に押し出して、デフォルメ描写が強まり続けている。
少年漫画のフォーマットに寄り添いすぎて自転車レースを描いているように見えなくなってしまっている。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-06-18 12:50:16] [修正:2013-12-15 16:23:37] [このレビューのURL]

8点 pazzoさん

アツい。とにかくアツい。とんでもなくアツいんだけど、暑苦しいだけでもないってのがすばらしい。キャラクターも個性豊か。
とにかく夢中になって読める。
物語は一段落したのだが、今後これ以上の熱量をこのマンガに込めることができるのかどうか、はじめの一歩のようになってしまわないかが心配。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-29 09:44:14] [修正:2013-08-29 09:44:14] [このレビューのURL]

7点 fasterさん

最初は超がつくほどの面白さではないものの、楽しめる良作な漫画だった。

一時期、キャラ設定が一気に増えてつまらないと思うシーンが続いていたが、最近になって本来の面白さを取り戻してきたように思う。
素直に楽しめるスポーツ漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-23 23:38:23] [修正:2013-07-25 00:02:54] [このレビューのURL]

7点 DANTEさん

秋葉原が大好きな少年が自転車に惹かれのめり込むお話です。
個性豊かなキャラクター、感情表現、技術が要所に
あり思わず熱中してしまう作品です。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-01-27 20:13:06] [修正:2013-01-27 20:13:06] [このレビューのURL]

10点 あおはなさん

平成24年現在連載中の「少年漫画」でおそらく最も熱い漫画の1つと言っていいのではないでしょうか?

当初は面白いけどまあ、ありがちな漫画、というかどこか「シャカリキ」とかぶる漫画かなあという程度で本作を何気に読んでいましたが、インターハイ編に入る9巻当たりから極端に面白くなってきました。

最初は相変わらずチャンピオン的な極端なデフォルメと熱いネタ(泉田君や御堂筋君参照のこと)で進んで、いやこれだけでも十分面白さは増したのですが、この漫画が自分の中でさらに別格になったのはコミックで言えば11巻と12巻ですね。

この漫画を判断するにあたってはまずこのあたりまで読まないと評価したことには全くならないですね。逆に言えばこのアタリまで読んで全く面白さが分からないという人はもうこの漫画とは縁がないということだとおもいます。

ただ面白いか否かと別問題で向こう10年の少年漫画を語る時、間違いなくこの漫画は窓口的存在の1つになると思います。

新開くん周辺の最新のお話。
ただ少年誌的に勝った負けたではないところの記述。意外とやりますな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-03 18:17:43] [修正:2012-10-16 20:22:33] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

弱虫ペダルと同じ作者の漫画

渡辺航の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る