「勾玉」さんのページ

総レビュー数: 146レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年09月21日

6点 聲の形

[ネタバレあり]

絵も見やすく人物描写も秀でていて、上っ面で生きている人間の底意地の悪さがとても良く描けている。
特に担任の先生のクズ教師ぶりが最高ではないか、
自分がこの漫画のハイライトシーンを選ぶとしたら、竹内先生が声を荒げて石田を一喝するシーンだろう、
自らの指導力の無さを棚に上げて、生徒一人を吊るし上げる所業のなんと清々しいことか。
しかしそんな彼も、物語後半には意外な一面を見せる、
「あのクラスは運がなかった」と一笑に付すドライな性格に変わりは無いが、
それでも西宮の手話を読み取り、石田を立派になったと評価し、最終的には校内の撮影許可もだしている、
表面的だった彼の人物像が、より複雑に感じられた瞬間だ。
このように脇役の彼だけ見ても、人間一人一人を多面的に描いた秀逸な作品であることは疑いようがない。

だが、どんなに美しい絵画も、たった一つの染みのせいで大きく作品の価値を損なってしまうことがある。
この漫画では、過去にいじめられていたヒロインの西宮が、いじめていた当事者の主人公に恋心を抱いてしまうのだが、
この部分だけがどうにも受け容れられず、ヒロインの心理にも全く共感することが出来ない、
主人公の贖罪を恋愛にまで発展させてしまったことが、大きな染みとなって作品全体を歪めてしまった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-09 09:53:45] [修正:2020-03-25 19:15:11] [このレビューのURL]

7点 惡の華

[ネタバレあり]

第二次成長が始まり心身ともに変化の訪れる思春期、不安定なバランスの中で
鬱屈した感情が衝動的な行動に走らせる、というのはよく聞く話だ。

この漫画の主人公もそんな思春期の真っ只中にあり、
そこに中村さんという存在がトリガーになって暴走を始める。
だが特別不幸な生い立ちにあった訳でもないのに、
あそこまで自暴自棄な行いを繰り返したことは実のところあまり共感できていない。
周囲を巻き込みながら罪を重ねていく様子も
現実から必死に逃避しようともがいているようで痛々しく、
ページをめくる手も重くなっていった。

自分がこの漫画を楽しんで読めるようになったのは、
高校生になった彼が過去を背負いつつも前へ踏み出そうとし始めた後半の物語の方だ、
同級生の常盤さんとの恋愛模様も加わり前半とはうってかわってスラスラと読むことが出来た。
後半の展開は割と普通の青春漫画のようでもあるが、
前半の後ろ暗い過去がバックボーンとなり思春期の浮き沈みをより引き立たせている。
終わり方もまた良い、女子の体操着を盗んだところから始まり破滅の道を突き進んでいた物語が、
まさかこんな晴れやかな結末見せてくれるとは、予想外の嬉しい誤算だった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-15 09:56:30] [修正:2020-03-23 02:31:41] [このレビューのURL]

キャラの表情が大袈裟だったり、シーンに不釣合いに感じたりなど、
細かい部分で引っ掛かりを感じることが多い漫画。

とりわけ不可解なのは、鬼の親玉の名前が独自文字で表記され、
なんと読めばいいのか終始分からないこと、
そのくせ人間含め登場人物達は普通にその名前を作中で口にしているため、
その名前が会話に出る度に発音できる名詞ならカタカナで表記してくれよ、
と苛立たしく思ってしまう。

あとはレイが「とりま」というSNSの流行り言葉を使っているとこもイラっとさせられたし、
ノーマンが無意味な角度から吊るしたロープ片手に垂直壁登りを披露するシーンなんかは
現実離れしすぎていて、足の裏にチャクラでも練ってんのかと失笑してしまった。

世界観は斬新で設定も凝っているが、上記含め様々な要因が邪魔をして
気持ちよく読み進めることが出来ない作品になっている。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-03-12 21:02:21] [修正:2020-03-12 21:02:21] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

短編連作形式の物語が好きだ。
それぞれが独立した話でありながら
その実、全ての話が僅かな接点で地続きに繋がっている、
そんな交錯していく登場人物たちの人生にロマンを感じるからだ。

さて、この漫画だが全4編からなる短編連作である、
タイトルにもなっている最初の話「星守る犬」はとても物哀しく心をえぐるが、
2巻の最後まで読み終えた時、ほんの少し、本当にほんの少しだが
最初の話でえぐられた痛みが和らいだ。

すでにあの世へ旅立った彼、その彼と同じ姿をした犬が、
彼と同じ名前を持った犬と生きて邂逅する、それだけでなんだか少し救われた気がした。
ただただ悲しいだけの話で終わらず、因果を感じさせてくれるのも
短編連作の魅力の一つだ、この漫画はそれを十二分に活用している秀作だと思う。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2020-03-12 20:38:12] [修正:2020-03-12 20:41:08] [このレビューのURL]

チンチロ編の濃密な面白さが素晴らしい、個人的にはカイジで一番面白いのがこのエピソードだと思う、
前作の限定ジャンケンも良かったが、相手をやり込める痛快さでこのチンチロ編に軍配が上がる。
続く沼編が長すぎるのは玉にキズだが、全てが結実するラストで全部吹っ飛ばしてくれた、
これ以上無いくらいのエンディングだけに、ここで終わっておけばなあという思いは拭えない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-03-07 19:59:33] [修正:2020-03-08 16:26:10] [このレビューのURL]

限定ジャンケンを初めとする独自且つ命がけのゲーム、
悪党共の妙に説得力のある弁舌、「ざわざわ」という描き文字、
そして刺さりそうなアゴ。
他の漫画とは一線を画す、オリジナリティに溢れたセンスの塊のような漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-03-07 18:54:33] [修正:2020-03-07 18:54:33] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

思いがけず巨大ロボットのパイロットになった15人の少年少女、戦闘に負ければ世界が消滅し
勝っても己は死んでしまう、生き残る術(すべ)は一切無く、
世界の命運だけをただただ背負わされる不条理で無慈悲な宿命、
ハードな設定の物語は数あれど、ここまで逃げ道を塞ぐ作品もそうそう無いのではないか、
ともあれ死と隣り合わせのキャラクター達のドラマは重くて切ない、
しかもそれが15人分というのだから読み応えは充分。
しかし物語の構造上、キャラに感情移入する頃にはパイロットが死亡するというジレンマもあり、
読み終えた後に名前を思い出せるキャラは半分程度しかいなかった、
パイロット達の命が消耗品のように使い捨てられる展開は良くも悪くも刹那的である。

また上記の設定上、仕方の無い部分でもあるがストーリー全編に重い空気が漂い、
メリハリに欠ける部分がある、だが少しづつ明かされている謎と、
そして何より、死のバトンを繋いだ先に希望を見出せるのかが気になり、
最後まで飽きることなく読むことが出来た。
これだけ悲惨な物語でありながら結末も悪くない、良作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-03-05 08:40:01] [修正:2020-03-06 18:34:05] [このレビューのURL]

7点 CLAYMORE

青年漫画のような凄惨で重厚な世界観に加え、
少年漫画らしい愛と友情、絆といった要素も多分に盛り込まれ、
スリリングかつ熱い展開が楽しめる。

終盤にかけキャラクターが増え続け、物語が膨張しすぎた感は否めないものの、
謎や伏線を残すことなく綺麗に物語が収束しているので、
最後まで読み続けてきた読者を後悔させない漫画になっている。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-06 11:52:43] [修正:2020-02-04 05:46:00] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-02-04 05:04:48] [修正:2020-02-04 05:04:48] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-02-04 05:04:31] [修正:2020-02-04 05:04:31] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789