ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 夕凪の街 桜の国

7.69点(レビュー数:43人)

作者こうの史代

巻数1巻 (完結)

連載誌漫画アクション:2003年~ / 双葉社

更新時刻 2011-01-12 13:43:38

あらすじ ある日広島に原爆が落ちました。
そして戦争は終わり、人々は後遺症の影を恐れながらも暮らします。
ただ、その影は時々私たちを縛るのです。

備考 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だったのか……、原爆とは何だったのか……。漫画アクション掲載時に大反響を呼んだ気鋭、こうの史代が描く渾身の問題作。
2007年には映画化された。

シェア
Check

この漫画のレビュー

6点 paranaさん

泣ける作品と聞いていたのですが、いざ読んでみると単に泣ける作品と考えるべきではない、原爆投下後の広島住民の精神的な後遺症がテーマのメッセージ性の強い作品でした。
(よって本作品の泣ける度は採点しません)

作品全体に原爆の後遺症でいつ死ぬかわからないという暗い影が差しているものの、やわらかい雰囲気がそれを緩和していて、重くなく読める雰囲気マンガです。

この作品のテーマは、読後に心に残るものがあり、さらに、ひょっとしたら福島住民も程度は違えど同じような精神的な後遺症があるんだろうかなどと考えさせられるものがありました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-06 22:01:49] [修正:2014-05-06 22:01:49]

夕凪の街 桜の国と同じ作者の漫画

こうの史代の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る