ホーム > 少女漫画 > 別冊花とゆめ > ガラスの仮面

7.6点(レビュー数:30人)

作者美内すずえ

巻数49巻 (連載中)

連載誌別冊花とゆめ:1976年~ / 白泉社

更新時刻 2012-01-19 13:34:44

あらすじ どこにでもいそうな変哲の無い中学生マヤ。しかしお芝居に対し情熱的で役者のセリフは沢山覚えれるという特技を持っていた。 そんな中,彼女はかっての有名女優月影千草と出会う。

備考 1976年の「花とゆめ」創刊号から連載を開始。 1997年から長期にわたって休載されていたが、2004年約6年ぶりに再開された。 2008年より「別冊花とゆめ」に移籍した。 舞台化、ラジオドラマ化、実写ドラマ化、OVA化、アニメ化(3度)されたことがある。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 あおはなさん

49巻と同時に「ガラスの仮面かるた」がでてしまったのでいい加減にレビューを書いてみる。

天性の才能を持つ二人の主人公。
紅天女の候補として描かれる人間の愛憎。

読んでみればわかることとはいえ深い。

少女漫画と思ってなめとるとダメダメです。

乙部の陰謀でどん底に突き落とされたマヤが這い上がってくるところは少女漫画史上でも屈指のものだと思う。

まさかこんなに長期化するとはなあ。

作者自身が考えてもみなかったことだからねえ。

ようやくクライマックスに近づいてきました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-16 23:09:19] [修正:2012-10-16 23:09:19]

ガラスの仮面と同じ作者の漫画

美内すずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

別冊花とゆめの情報をもっと見る