ホーム > 青年漫画 > ビッグコミック > 茶箱広重

8点(レビュー数:2人)

作者一ノ関圭

巻数1巻 (完結)

連載誌ビッグコミック:1981年~ / 小学館

更新時刻 2011-06-06 11:01:50

あらすじ 安政5年、「東海道五十三次」で有名な浮世絵師・一立斎広重(安藤広重)が亡くなった。後を継ぎ、二代目広重となったのは、弟子の重宣(しげのぶ。本名・鎮平)。広重の名を汚さないよう懸命に努力する重宣だが、先代の妻だったお崑、わずか13歳で政略結婚させられたおかや、弟弟子・寅吉らとの間に生じる複雑な人間関係に翻弄される。やがて寅吉は独立し、実際は三代目であるにもかかわらず「二代目広重」を名乗り、生涯それを通した。一方重宣は世人から「茶箱広重」と呼ばれるようになる…

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 kikiさん

沙村広明さんが影響を受けた漫画家さんの作品なので読んでみました。
古い作品なので絵は劇画調だし、話の運びもセリフなども今の漫画しか読まない層には無理そうですが…内容は人の気持ちや人間関係、人生の悲哀と濃くてぐいぐいと読まされました。

解説を読んでいると少しの資料の中の事実からこのドラマを生み出したそうで、江戸末期の風景含め一ノ関さん相当勉強されて練りに練って作られたんだろうなぁと思います。
大人向けのどちらかというと玄人が好きな漫画かと。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-08 22:41:14] [修正:2017-03-08 22:41:14]

茶箱広重と同じ作者の漫画

一ノ関圭の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックの情報をもっと見る