ホーム > 不明 > ヤングエース > 新世紀エヴァンゲリオン

6.94点(レビュー数:51人)

作者貞本義行

巻数14巻 (完結)

連載誌ヤングエース:1995年~ / 角川書店

更新時刻 2012-11-20 04:09:30

あらすじ 西暦2015年。15年前に起こった大災害・セカンドインパクトで総人口の半数近くを失った人類は、使徒と呼ばれる新たな脅威にさらされていた。国連直属の非公開組織である特務機関NERV(ネルフ)は、汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン (EVA) を極秘に開発し、予測されていた使徒の襲来に備えていた。そのパイロットに選ばれたのは、わずか14歳の少年・少女たちであった。

備考 この漫画はアニメの原作ではなく、アニメの企画・脚本などをもとに描かれている独自のストーリー。

シェア
Check

この漫画のレビュー

6点 臼井健士さん

「エヴァンゲリオン」の漫画版。誤解が多いようだが、こちらの漫画がアニメの原作ではないのだ。

「画」に関しては貞本先生が描かれているので全く問題は無い。
特に3巻のレイの笑顔が印象的。
要は「ストーリーがどうなるか?」で、この漫画の最終的な評価を決定するのだとみて間違いない。

アスカが登場した頃は雰囲気も明るく、みんなでパーティーをしたりとシンジの性格も内に篭り過ぎないような描写が多いのは好感。父と再会した頃は「父親に捨てられたと思い込み、自分なんていつ死んでも構わないと生きることに無気力になっていた」のに、ミサトやレイ、加持やトウジ等と触れ合うことで次第に感情を吐露するようになり、レイに笑い方を教えたり、アスカの虚勢を見抜いて「もっと肩の力を抜いて生きたほうがいい」と助言をしたり、エヴァのパイロットに選ばれたトウジの不安を先輩として抱き止めたり・・・と、苦しみを感じつつも「そこから這い上がっていこうとする前向きさ」を終始感じられる点は特筆。

トウジの死後は一気に作品の雰囲気が落ち込んだが、母・ユイとの精神の触れ合いを経て物語りもいよいよ核心へと移行する。

だからこそ、ここからラストシーンへの展開はある意味「他のどんな漫画よりも重要」。

アニメ版は「賛否両論」であることを否定できない作品なので、漫画版はアニメの欠点を修正していくことでアニメ版から「正統」の地位を奪い取ることができるだろう。

そのときこそ「真のエヴァンゲリオンは漫画版だ!」と囁かれる日が到来しているに違いない。
ちょうど、劇場公開が再度行われアピールもしやすいはず!
作者の「遅筆」が欠点だが、今後は要注目の作品である。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-03 12:20:55] [修正:2013-08-18 20:22:31]

新世紀エヴァンゲリオンと同じ作者の漫画

該当なし

貞本義行の情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

ヤングエースの情報をもっと見る