ホーム > 少年漫画 > 月刊コロコロコミック > 爆転シュート ベイブレード

3点(レビュー数:1人)

作者青木たかお

巻数14巻 (完結)

連載誌月刊コロコロコミック:1999年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 00:45:28

あらすじ 木ノ宮タカオは、仲間内で最強の腕を持つベイブレーダー。ある日、仲間がバトルに負け、ベイブレードを取られてしまったと聞いたタカオは、敵討ちとばかりに相手に挑む。自信満々で勝負に出たものの、敵の回転力の前に負けてしまい、愛用のベイブレードを取られてしまった! カッときて拳でやり返そうとするタカオを謎の男が現れて止め、「きさまもベイブレーダーのはしくれなら、拳でなくベイブレードでリベンジしろ」という言葉とともに青龍の彫られたベイブレードを渡して去ってゆく。タカオは、すさまじい力をひめたそのベイブレードを使い、リベンジをいどむが……!? 2000年NO.1格闘ホビー、ついにマンガ化!

シェア
Check

爆転シュート ベイブレードのレビュー

点数別:
1件~ 1件を表示/全1 件

3点 Leonさん

ホビー漫画である程度トンデモ展開するのは全然構わない。
だが、肝心のホビーが目立たなくなるのはいただけない。
本作ではいわゆる「聖獣」がそのホビーよりもずっと目立っていましたね
(例:レイのドライガーがベイブレードを破壊されずに封印され落ち込むシーン)。
これを読んで「凄ぇ!」とか「やってみたい」とか思うことはありませんでした。
他にも外国人のレイとマックス(ハーフだけど)が「世界大会」で「日本代表」として
参戦したりとかおかしいところが見受けられました。

アニメに関してはGレボリューションはあまりのトンでもぶりにむしろ必見でしょう。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:22:52] [修正:2020-05-22 16:53:22] [このレビューのURL]


爆転シュート ベイブレードと同じ作者の漫画

青木たかおの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コロコロコミックの情報をもっと見る