「トニーモンタナ」さんのページ

総レビュー数: 471レビュー(全て表示) 最終投稿: 2014年10月28日

二転、三転する密室劇の展開作りが上手いです。
閉鎖空間の恐怖の演出も秀逸です。

お互いの探り合い、命がけの心理戦は緊迫感があります。

全1巻でボリュームも丁度いいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-09 20:53:44] [修正:2015-10-09 20:54:27] [このレビューのURL]

8点 嘘喰い

一つのギャンブルでの膨大な量の伏線は感服します。
アイデアも巧妙でよく出来てます。
最近は、何でも実はトリックでしたみたいのが多いですが。

暴力描写も中々過激です。

主人公が駆け引きしてるところで、ネタ明かしの場面までは、
主人公の心理が明かされないのが釈然としないです。

普段の描写でも内側はほとんど明かされないので、主人公に魅力は皆無です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-10-30 00:10:47] [修正:2015-10-03 22:46:01] [このレビューのURL]

初々しくて、自然と頬が緩んでニヤニヤしてしまう恋愛漫画です。
ラブもコメの部分も申し分ない出来です。

ただ恋愛難民の自分には刺激が強すぎです。

住人たちの変人ぶり、主人公とヒロインとの干渉の仕方、程良い下ネタも笑えます。
2人の絶妙な塩梅の距離感がむずがゆくなります。

律先輩が異常ににカワイイです。
無口、コミュ障とシンパシーを感じる部分もありながら、
時折見せる破壊級の笑顔とか赤面がたまらないです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-23 15:16:41] [修正:2015-10-01 19:01:06] [このレビューのURL]

「じゅうはんでき」と読むと思ってましたが、「じゅうはんしゅったい」と読むんですね。
知らなかったです。

漫画家視点の他に、編集部や営業部、書店の店員など様々な視点から出版業界を見ることができます。
編集部と営業部の確執や内部の人間模様などは興味深いです。

主人公の真っすぐなところや何にでも干渉する部分は少し不快です。
そんな新米に影響されるベテラン編集者や漫画家にも「お前人生経験ないのか?」と感じます。
出版業界の内部を描きたいなら、この主人公の設定も邪魔な気がきます。

女性作者独特のコマ割りの見づらさが気になります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-01 18:07:57] [修正:2015-10-01 18:58:01] [このレビューのURL]

これは賛否が分かれる作品だと思います。
特にビートルズファンに冒涜に見えるかもしれないですね。

コピーバンドがビートルズの歴史を再現するという設定の掴みは良かったです。
中盤までは模倣の苦悩とかも描けてました。

本人たちの音楽への情熱や曲を作る上での経験や背景もないのに成り変われるのかとか、
ビートルズに影響を受けたバンドがどうなるのかとか疑問点は見えてきます。
まあ、盗作は悪いことですが、人殺しの漫画も多数ありますけどね。

タイムスリップ系によくある歴史の修正や予定調和も無理がありすぎだし、
オリジナルの創造性の素晴らしさを知ると言う着地は当たり前だと思ってたけど、
それにしては代償すべき点が多すぎです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-01 18:56:31] [修正:2015-10-01 18:56:31] [このレビューのURL]