「トニーモンタナ」さんのページ

総レビュー数: 472レビュー(全て表示) 最終投稿: 2014年10月28日

名著礼賛ギャグが言い得て妙です。ディック感覚とか三大奇書とか読書好きのツボも程よく押してくるし、施川作品らしいシニカルさも良い塩梅です。

如何に作品を読まずに読書通ぶるかに傾倒する様とか自意識の強いところとか共感する部分が多いです。
日常劇に見えますが、最近は町田さんと神林さんの二人の関係を掘り下げたミニマムな作りにシフトしていってるように思います。シスターフッドとも百合とも違う友情の描き方が尊いです。

イーガンとかハイラインはこの作品を機に読み始めました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-27 16:11:57] [修正:2020-08-27 16:11:57] [このレビューのURL]

漫画表現の極北かってくらいに圧倒されます。卒倒するくらいの勢いです。幾何学的で端正な構図、黒を強調したコントラスト、センシティブな描線。

奥行きを意識した見開きも見惚れますし、画面構成が隅々までに計算されてます。孤独や欠陥の感情の描き方が切なくてエモーショナル。心象風景も幻想的で、漫画的飛躍にも圧巻です。

無機物や異物、精神と肉体の同期は安部公房やクローネンバーグが浮かびます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-27 15:20:29] [修正:2020-08-27 15:20:29] [このレビューのURL]

「25時のバカンス」、「宝石の国」に比べるとまだ粗削りな部分もありますが、漫画の粒子が流れてるって言えるくらい全編画面に気を張ってます。

まずベタとトーンを華麗に使い分けた陰影の付け方が素晴らしいです。漫画でこんな影の付け方が精緻な作品は見たことないです。反重力的なカメラアングルも自由奔放で愉快です。

セリフなどでの説明を排した情景描写の瞬発力が凄まじく、形状記憶できないような流動的な感情の移り変わりの表現が見事です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-07 12:47:07] [修正:2020-08-27 15:10:49] [このレビューのURL]

コマ割りがひたすらスタイリッシュでカッコイイです。コマを細かく割ることでグルーヴを生んでます。漫画の動脈みたいのが全編に流れてます。

幾何学的な構図、視線誘導もまあクレバーです。ドーパミンが溢れるくらいの漫画の巧さに圧倒されます。水、タバコなどの耽美な情景描写。

記憶にまつわるサスペンス要素も作品の骨格してしっかり機能しています。説明的ではない断片的な回想も趣があります。

雑多な香港の街並みもウォンカーウァイ映画みたいです。夜の街並みなんかは妖艶で美しいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-25 13:09:04] [修正:2020-08-25 13:09:04] [このレビューのURL]

ディストピアの設定や描線、絵柄は大友克洋作品の影響が強いように思います。謎を小出しにしていったり、牽引力があります。コマ割りも端正で見やすいです。

建物内と建物外と二つのパートが並行して描かれますが、それらが繋がっていく構成も引き込まれます。それに石黒作品特有の時間軸の仕掛けが施されてそうで気になる作りです。

ただ作中に出てくるデモ隊の描き方に納得がいきませんでした。デモ=暴力というバイアスのかかった短絡的な視点や左翼思想への嫌悪感が漏れてる感じがしました。「気分はもう戦争」とか大友克洋作品は学生運動的価値観があるように感じますが、テーマの部分は踏襲してないのかって思いました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2020-08-25 12:57:32] [修正:2020-08-25 12:57:32] [このレビューのURL]

阿部共実の進化をリアルタイムで見れて大変喜ばしいです。

団地とか幾何学的で非有機的な背景と有機的な人物のコントラストが素晴らしいです。繊細なトーンワーク、光と影の対置、パース構図にひたすら恍惚。

頻繁に出てくる階段は監獄や権威や閉塞のメタファーなのか。斑点や水玉描写も自意識の具象化として巧妙です。終盤の圧倒的な飛躍は漫画史に残る名シーンだと思います。「死に日々」の「8304」のアップグレート版。

ニヒリズムというか世界への諦観が今まではあったけど、今作は虚構を媒介しながら世界と対峙してる。「空が灰色だから」じゃなくて「空が純白だから」

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-02 21:13:16] [修正:2020-05-28 15:03:04] [このレビューのURL]

支配者、被支配者の構造、男性性の加害性が鮮明に描かれていて苦しいです。他者を物的に搾取する支配と服従の対立軸が反転する終盤も壮絶です。

縦長や横長のコマを連綿されて動作の繋ぎが流麗です。大ゴマの配置が周到。暴力シーンなんかは画面を黒を基調にしていたりして、より惨いです。

フェミニズムだけでなく、個人の自己実現にも焦点を当てて描いてます。男性らしさ、女性らしさなど短絡的な性へのレッテル貼りへの嫌疑も描いてたと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-02 23:48:00] [修正:2020-05-28 14:55:33] [このレビューのURL]

新鋭って感じですね。ほんとに短編好きにはたまらないです。多感な時期に出会えば心の支柱になるくらいの力があると思います。漫画としての磁場が強いです。

スクリーントーンが物凄いセンシティブで陰影や光線が強調されてる。恋や青春の一瞬の輝きを永続させるような話が多くて大好きです。

「赤星くん」の金玉の大ゴマ、「成人ボム 夏の日」の見開きはヤバいです。圧縮と解放、奥行き、パースにただただ見惚れる。感情と漫画的飛躍が呼応する瞬間がもう優勝です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-03 00:09:55] [修正:2020-05-28 14:53:29] [このレビューのURL]

前半は断片的なショートショートの形式ですが、後半はそれがフリになった短編。有機的に連動して絡ませるのが巧いです。

超現実的な飛躍するタッチはやはり唯一無二です。家族の呪縛、帰属することへの抵抗とかが統一されてる気がしました。特に父親への反発、折り合いの悪さが強調されてるように思いました。ポップなタッチとは裏腹に結構陰惨としてます。

空間の伸縮だったり、大胆なパース構図も「変身のニュース」とかに比べると抑えられてますが、出色の出来です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-05-28 12:41:42] [修正:2020-05-28 12:41:42] [このレビューのURL]

飄々とした描線ですが、質量があり、強く残ります。短編全体的に日常を違う角度から見たり、近眼的に見てた日常を遠視で見て日常を再解釈するみたいなテーマが一貫してると思います。日常と非日常がシームレスに行き交うのを瑞々しい感性で魅せます。

表題作が特に好きです。プラトニックと狂気は紙一重みたいな話です。俯瞰描写が青春の後悔とかに巧く効用してます。ラストの展開、前に進むことを視覚的にも内面的にも符号させるのは高揚します。

「ゲームくん」も至極の出来です。圧縮と解放などのコマ割りや擬音の配置など革新的なことをたくさんやってます。自由度が高く、実験的で物理的限度を超越した漫画的快楽の連続に眩暈します。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-05-08 21:14:28] [修正:2020-05-08 21:14:28] [このレビューのURL]

<<前の10件
123456789