「トニーモンタナ」さんのページ

総レビュー数: 471レビュー(全て表示) 最終投稿: 2014年10月28日

10点 SLAM DUNK

これも客観的には評価できないですね。

コミックはしめ縄を巻いて祀ってます。

バスケをしてた人には必ず「陵南戦のときの花道みたいに高校生でインターフェアした人っているの?」とこいつ通だなと思わせる質問をしてました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-23 15:22:37] [修正:2020-04-02 12:49:29] [このレビューのURL]

思い入れのある作品。

近未来が舞台で、今後宇宙開発で起こるであろう問題点などは先見性がありそうです。
人生、愛とか普遍的なものは近未来でも変わらない本質なんだなあと。

自我や価値観の確立するまでの模索の描写はほんとに素晴らしかったです。壮大な創世記を目撃をしてるくらい痺れました。

セカイ系って言葉がありますが、あれは自意識と未知の抽象的な世界が繋がってましたが、
これはハチマキが世界を理解した上での自己との関係を描いた不セカイ系、脱セカイ系って感じですかね。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-18 22:22:32] [修正:2020-04-02 12:13:36] [このレビューのURL]

聖書とか福音書でもなくて、もう体の中に静脈注射されてますね。
自分の人生の年表の大部分を占めます。

相対的に語ることはできないです。「ドラゴンボール」という絶対値なので。

影響とか作用とか感じる前に自分の中に確立してました。  
人生観が変わったというかその以前からずっと居ました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-10-27 20:50:16] [修正:2020-04-02 12:12:58] [このレビューのURL]