ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.69点(レビュー数:42人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 夕方さん

[ネタバレあり]

ざっくり言うと、地球を滅ぼそうとする魔法使いを倒すという話。



良い点

主人公の夕日が序盤中二病のような痛いキャラなのだが自分よりも大人だったり子供だったり色々なキャラと係っていっていくうちに段々大人になっていく様を見るのは少し嬉しい気持ちになります。

最初の頃の痛いキャラが何だったのかと思うくらい立派というかまともになっていきます、そのきっかけと言うか主人公が見本にした人物というのもちゃんと出てくるのでその変わりようがそこまで違和感がなく成長したなと感じれるようになります。

伏線や過去のエピソードの影響などがちゃんと話が進むにつれ生きてくるのが素晴らしい。

敵の魔法使いが未来の地球を壊しながら過去に遡ってきている。その理由が全知全能になりたいなどSF要素が少し見え隠れします。こういうのが好きな方は面白いまで行かなくても最後まで読めるんではないかと思います。


全10巻とコンパクトですが中身は中々濃厚ですし綺麗にまとまってます。




悪い点

最初の方の主人公の痛いキャラが厳しい。


味方側のボスである姫を大物にしすぎた感がある、姫も地球を壊そうとしているのだがあの立ち位置だと理由が少し共感できない、もっと心の弱いキャラにするなりしたほうが自然に感じたんじゃないかと思う。



この作者、水上悟志先生の他の作品にも言える事なのですが最初に物語の土台と後のエピソードへの伏線をかなり張るという特徴があるので序盤盛り上がりに欠けるタイプです。ですが読み進めていくと面白くなっていく漫画なので序盤でつまらないと思っても後半効いてくると思うのでやさしく見守ってほしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-09 20:41:37] [修正:2014-12-09 20:41:37]

惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る