ホーム > 青年漫画 > チャンピオンRED > ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記

5.2点(レビュー数:5人)

作者カミムラ晋作

原作藤見泰高

巻数10巻 (完結)

連載誌チャンピオンRED:2006年~ / 秋田書店

更新時刻 2009-11-25 06:41:50

あらすじ 昆虫に精通するちょっと変わった女子高生、榎稲穂(えのきいなほ)が虫にまつわる事件を解決していく、一話完結型のストーリーである。前作同様、原作者の昆虫に対する豊富な知識や愛情が反映された作品つくりになっており、作品の設定やキャラクターは前作「サイカチ 真夏の昆虫格闘記」と多く共有している。(ウィキペディアより)

シェア
Check

この漫画のレビュー

5点 gundam22vさん

一話完結型で目から鱗な虫ウンチクは面白いのですが、女性キャラばかりで無駄にエロをねじ込んでくるのに、辟易としてしまう気持ちが勝ってしまいました。虫を絡めるためにかなり強引に見える話の展開も多いですが。堅い漫画だと商業的に難しかったのかもしれませんが、この方向は自分には合わなかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-04-19 21:08:44] [修正:2017-04-19 21:08:44]

ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記と同じ作者の漫画

該当なし

カミムラ晋作の情報をもっと見る

同年代の漫画

チャンピオンREDの情報をもっと見る