ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > バクマン。

5.31点(レビュー数:102人)

作者小畑健

原作大場つぐみ

巻数20巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2008年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:22:14

あらすじ 一握りの者にしか得られない栄光を手にするため、険しい“マンガ道”を歩む決意をした二人。高い画力を持つ真城最高と、文才に長ける高木秋人がコンビを組み、新たなマンガ伝説を創る! 新時代成功物語開始!!!

シェア
Check

この漫画のレビュー

0点 レオさん

「漫画でバトル」という題材そのものに違和感を感じる。
何故なら、作風の違う漫画同士で優劣を競うのは無理があるからだ。
(皆で同じジャンルを描くラブフェスタもあったが
大体は作風の違う漫画同士で競っている)
アンケートで上位の作品は下位の作品よりも絶対的に完成度が優れる
という設定を用いて勝負しているようだが、あまりにも非現実的で
ジャンプのアンケート主義の愚かしさばかりが伝わってくる。

漫画は個人的な表現だから勝負にならないのでは…?と、
根本的な疑問を抱いてしまうのだ。
亜城木と新妻、どちらが優れているわけでもなく
作風の違いがあるだけだと思われるのに、
キャラは泡沫のアンケートに熱くなっている。
アンケート順位が読者に対して公表されるわけではないから
1位を取ったところで大して名誉ではないし、
10年後に誰が当時のアンケートの順位など気にするというのか。
ただの内輪の盛り上がりや見栄の張り合いに見える。

登場人物のほとんどが、外見性格共に初登場の時が最も魅力的で
その後は劣化していくのも残念。

そして、デジタル作画について触れられないことも
漫画家漫画としてのリアリティーを欠いている。
原作者がデジタル世代ではないせいかもしれないが、
舞台となっている年代や若者キャラの多さを考えると
取材してデジタル作画について描写するべきだったのではないか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-29 02:01:55] [修正:2016-03-29 02:01:55]

バクマン。と同じ作者の漫画

小畑健の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る