ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 花もて語れ

7.57点(レビュー数:7人)

作者片山ユキヲ

巻数13巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2010年~ / 小学館

更新時刻 2010-10-24 18:01:45

あらすじ 声に出して本を読む。それは、本が持つ本当の面白さと出会うこと。声だ小さな佐倉ハナが、「朗読」の大きな魅力と出会う、癒やし系で熱血な物語。

備考 「月刊!スピリッツ」にて連載開始され、2012年から「ビッグコミックスピリッツ」に移籍した。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 アメさん

 朗読がこんなに面白いとは、と思わせる力を持った作品。

最初に朗読されるのは、誰もが知っている宮沢賢治の「やまなし」(クラムボンは笑ったよ、というやつ)で、これを読み解いていく過程で朗読とはどういうものかが説明される。朗読する作品内の登場人物の立場を読み解き、セリフに情感を込める、という過程が、やまなしに出てくる二匹のカニの立場を考える形で説明される。私はこの作品を読んで、初めて「やまなし」の内容を理解できた。

また、「ぼろぼろな駝鳥」(高村光太郎)という作品では、最後の一文だけ話者が「作品の筆者」から「ダチョウ」に変わる(という解釈を主人公が行っている)。その朗読の場面では、話者の変換による衝撃的な効果が臨場感に満ちて表現されており、声が聞こえない漫画であるにも関わらず、朗読の面白さを十分に伝えている。

 題材は異色だが、朗読に対する説明も十分で、主人公の成長・親友とのライバル関係といった要素もあり、今後に期待ができる作品。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-02-06 21:00:04] [修正:2013-02-06 21:00:04]

花もて語れと同じ作者の漫画

片山ユキヲの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る