ホーム > 青年漫画 > ジャンプスクエア > 曇天・プリズム・ソーラーカー

5.25点(レビュー数:4人)

作者村田雄介

原作太田垣康男

巻数2巻 (完結)

連載誌ジャンプスクエア:2010年~ / 集英社

更新時刻 2011-06-02 15:36:10

あらすじ 大学進学の資金の為、叔父の工場で働く金田翔太。そんな翔太のもとに、4人の大学生が訪れた。彼等はソーラーカーを作り、鈴鹿での大会出場を目指している。彼等に協力を求められる翔太だが…。青春をソーラーカーに懸ける若者達の未来とは!?

シェア
Check

この漫画のレビュー

6点 booさん

太田垣康男原作、村田雄介作画って聞いたらもう読むしかないですよね。これはある意味ドリームタッグじゃね?と思った。

内容はといえば、王道な青春もの。思わず読んでるこっちが恥ずかしくなるほどの直球具合。
働きながら大学進学を目指す苦学生(学生ではないけど)が、何の苦労もない(ように思える)大学生たちと一悶着ありつつもソーラーカー作りを手伝うことになって…という太田垣先生らしからぬ内容なので当然といえば当然なのだが。

太田垣康男原作、しかも短期集中連載で2巻に纏まっているので破綻は全くなく、結末まで気持ちよく読めた。型どおりではあるんだけどその分安心して見れる。
起承転結がこれだけ明確な作品は他に記憶にないなぁ。どこまでが起でどこからが承かはっきり分かる。それだけにスムーズ過ぎる、小奇麗に纏まり過ぎているとも言えるわけだけど。

この2人だからこそのおもしろい漫画を作りたい、というよりお互い1人では出来ない内容を2人で組めばできるんじゃないかという気持ちが伝わってくる。漫画家としての幅を広げたいというような。
太田垣康男は青春ものが書きたかったし、村田雄介はアイシールドのような派手な作品以外もやってみたかったのだろう。この作品が成功したかはともかく、今後の作風に影響を与えうる作品ではあると思う。特に村田先生は一般人を魅力的に描けないといくら絵が上手くてもやばい気が…。

はっきり言うと、スケールは小さいけど完成度は高いという類の作品なので高い点数はつけ難い。しかしまっすぐで爽やかな作風と一定の質は保たれているということで誰でもそれなりに楽しめると思う。

方向性を持った熱い青春ものが好きな人におすすめしたい良作。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-08-30 22:23:33] [修正:2011-08-30 22:53:03]

曇天・プリズム・ソーラーカーと同じ作者の漫画

村田雄介の情報をもっと見る

同年代の漫画

ジャンプスクエアの情報をもっと見る