ホーム > 不明 > ハルタ > ヒナまつり

7.09点(レビュー数:11人)

作者大武政夫

巻数19巻 (完結)

連載誌ハルタ:2011年~ / エンターブレイン

更新時刻 2011-09-03 18:50:39

あらすじ ヤクザ×サイキック少女のアーバンライフ・コメディー!芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。それが全ての始まりだった!物体のなかに居たのは、無表情な少女・ヒナ。強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった!漫画誌Fellows!にて、読切から連載化、そして一躍人気作に。読者の熱い支持が押し上げたネオ・ユニバース、遂に単行本刊行!

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 s-fateさん

[ネタバレあり]

久しぶりに声が出てしまう笑いが出てしまいました。まず世界観がおかしい。ヤクザと異能少女という組み合わせ。そして少女がいた組織はオーバーテクノロジーを持っていながら残念な結果しかもたらさない。読んでいくうちにタイトルすら「まつりって何だよ」とじわじわ笑いがこみ上げる。実は笑いの裏にはいくつもの影があるのでそのギャップが笑いをブーストアップしているような気がします。個人的には決してイケイケではない主人公のヤクザがテレビの取材内容を捏造されて当代一の鬼畜ヤクザにデッチあげられる回が一番笑いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-11-03 10:51:28] [修正:2016-11-03 10:51:28]

ヒナまつりと同じ作者の漫画

大武政夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る