ホーム > 不明 > 少年マガジンR > うちのクラスの女子がヤバい

6点(レビュー数:1人)

作者衿沢世衣子

巻数3巻 (完結)

連載誌少年マガジンR:2015年~ / 講談社

更新時刻 2016-05-07 23:17:14

あらすじ 1年1組はどこにでもあるごく普通のクラス。だけど、他のクラスとはちょっとだけ違うところがありました。女子生徒がみんな、「無用力」と呼ばれる、まるで何の役にも立たない、それも思春期だけしか使えない超能力を持っていたのです――。思春期女子はへんてこで、それがフツーで、みんなかわいい!衿沢世衣子が描く、思春期限定・ちょっと不思議なハイスクール☆デイズ!

備考

シェア
Check

うちのクラスの女子がヤバいのレビュー

点数別:
1件~ 1件を表示/全1 件

無益で無害な能力の無用力って発想からやられました。
無用力が思春期の不毛さ、無為さを如実に示してると思います。

能力を利用したドッジボールは「ハンターハンター」のグリードアイランド編みたい。
コマのリズムや拍子が独特ですが、要因やファクターの置き方が細密で、それが解消したり、結実するオチは毎回綺麗です。

表紙の絵画のオマージュとかの遊び心も良いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-09 17:29:14] [修正:2020-04-09 17:29:14] [このレビューのURL]


うちのクラスの女子がヤバいと同じ作者の漫画

衿沢世衣子の情報をもっと見る

同年代の漫画

少年マガジンRの情報をもっと見る