ホーム > 不明 > 別冊ヤングキング キングダム > みずいろ

8点(レビュー数:2人)

作者大石まさる

巻数2巻 (完結)

連載誌別冊ヤングキング キングダム:1998年~ / 少年画報社

更新時刻 2009-11-25 00:45:30

あらすじ 「教室での彼女はつまらなそうだった。いつも眩しそうに外を見ていて、大きな麦ワラ帽子ひとつ……高校卒業を控えた最後の夏、何も考えたくなかったあの夏……」 海、川、山……ありふれた日本の原風景。まだ、なにものでもなかったボクらが確かに感じた事……みずいろの時代へ、ようこそ!

備考 2巻分をまとめた完全版みずいろパーフェクトがある。

シェア
Check

みずいろのレビュー

点数別:
1件~ 2件を表示/全2 件

10点 Leonさん

個人的には大石まさる先生の最高傑作。
「夏」という季節の魅力や青春の甘酸っぱさ・爽やかさが
作品全体を包み込んでいる。天真爛漫なだけでなく進路などに
悩むヒロインも人間臭さがあって魅力的。

ゲーム「ぼくのなつやすみ」が好きな方は絶対読んだほうが良い。
そうでない方も読む価値はある。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:15:15] [修正:2021-03-31 09:51:54] [このレビューのURL]

6点 ITSUKIさん

大石まさる先生の作品で、初めて読みました。
きっかけは完全に立ち読みです。
絵の雰囲気が「ヨコハマ買い出し紀行」を彷彿とさせて、ひとめぼれしました。

学生の夏の頃の話ってなんか青春って感じがして、それだけで読んでて楽しいですね。
進路との不安等の話も少しありながら、起伏の少ないストーリーで最後まで読ませられました。少々退屈にも感じますが。

絵の良さと、そこから生まれる雰囲気の良さで6点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-02 04:44:03] [修正:2010-01-02 04:44:03] [このレビューのURL]


みずいろと同じ作者の漫画

大石まさるの情報をもっと見る

同年代の漫画

別冊ヤングキング キングダムの情報をもっと見る