ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 花と奥たん

8点(レビュー数:1人)

作者高橋しん

巻数2巻 (連載中)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2008年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 00:46:28

あらすじ 都心に現れた巨大な“花” そのほとりで、奥たんはゴハンをつくり、旦那たんを待っています。それが、奥たんの日常。

シェア
Check

花と奥たんのレビュー

点数別:
1件~ 1件を表示/全1 件

8点 ITSUKIさん

東京が突如巨大な「花」の開花により人の立ち入れない領域に(毒素が蔓延していて)。そこから帰ってきていない「旦那たん」の帰りを待って「残され主婦」となった奥たんの毎日の生活を描いた作品。
旦那たんの帰ってきた時の為の晩御飯を自らの足で食材から探していって、作る話がメインです。

毎話毎話同じ構成でつくられる少し特殊な作風をしています。(本当に同じ)
また、話の終わり際は毎回カラーページとなり、そのカラーの使い方が非常に上手です。(その分単行本が割高なのが難点)
ただの日常話かと思いきや、ところどころシリアスが絡んで「奥たん」のいる世界の現状が少しずつ明らかにされていく構成も面白い。

高橋しん先生の漫画は昔から絵が好きなのでこの作品も楽しみです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-10-16 09:05:49] [修正:2009-10-16 09:05:49] [このレビューのURL]


花と奥たんと同じ作者の漫画

高橋しんの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る