「トニーモンタナ」さんのページ

前半は断片的なショートショートの形式ですが、後半はそれがフリになった短編。有機的に連動して絡ませるのが巧いです。

超現実的な飛躍するタッチはやはり唯一無二です。家族の呪縛、帰属することへの抵抗とかが統一されてる気がしました。特に父親への反発、折り合いの悪さが強調されてるように思いました。ポップなタッチとは裏腹に結構陰惨としてます。

空間の伸縮だったり、大胆なパース構図も「変身のニュース」とかに比べると抑えられてますが、出色の出来です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-05-28 12:41:42] [修正:2020-05-28 12:41:42]