「トニーモンタナ」さんのページ

漫画表現の極北かってくらいに圧倒されます。卒倒するくらいの勢いです。幾何学的で端正な構図、黒を強調したコントラスト、センシティブな描線。

奥行きを意識した見開きも見惚れますし、画面構成が隅々までに計算されてます。孤独や欠陥の感情の描き方が切なくてエモーショナル。心象風景も幻想的で、漫画的飛躍にも圧巻です。

無機物や異物、精神と肉体の同期は安部公房やクローネンバーグが浮かびます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-08-27 15:20:29] [修正:2020-08-27 15:20:29]