「トニーモンタナ」さんのページ

ポストアポカリプス的な世界観で人類史を追体験するってい作者らしい面白い視点です。人類史の黎明期の狩猟、農業、経済の成り立ちなどを擬似的に描いてますが、主に貨幣経済に観点を当てていく感じがします。

文明が滅んだあとにまた文明を築こうとすると奴隷や戦争など負の歴史も追随するっていうのも興味深かったす。原始的な共同体やコミュニティでの人間のエゴや欲の描き方もバイタリティ溢れていて作者の筆致らしいです。

「度胸星」っぽいサバイバル感もあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-01-11 16:37:57] [修正:2021-01-11 16:37:57]