ホーム > 不明 > BE・LOVE > ちはやふる

7.82点(レビュー数:50人)

作者末次由紀

巻数41巻 (連載中)

連載誌BE・LOVE:2008年~ / 講談社

更新時刻 2011-09-27 16:03:30

あらすじ 小学6年生の千早が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは、千早のずば抜けた「才能」だった−。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

備考 2009年、第2回マンガ大賞2009受賞。宝島社「このマンガがすごい!」2009年オンナ編3位・2010年オンナ編1位に選出。2011年、第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。2011年、テレビアニメ化。

シェア
Check

ちはやふるのレビュー

点数別:
26件~ 30件を表示/全50 件

8点 テクノライズさん

少年漫画のような面白さですよね。

題材の特異性がなんと言っても凄い。

毒のないまっすぐな人間関係が、余計に少年漫画っぽさを出してるのではないでしょうか?

この作品自体も良いのですが、これを機に少女漫画を読む人が増えれば良いなと思います。これくらい熱くて素晴らしい作品は、他にもあります。(カルタはこれだけですが)
漫画は少年・青年だけではない。少女漫画侮ることなかれ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-31 23:17:22] [修正:2010-03-31 23:17:22] [このレビューのURL]

9点 わすれなぐささん

今現在、最高のマンガだと思う。


私の中では、最高評価はこの漫画しかないと言う感じ。まだ途中なので9点だが、10点に挙がる可能性も高い。

競技カルタの大会に出ていた私にとっては、題材からして、評価は非常に高い。作者は取材熱心なんだろうなと感じた。実際の百人一首の競技中に考えていることや作戦を忠実に再現できている。競技をやったことがある人はほぼ間違いなく楽しめる漫画だと思う。

もちろん競技カルタをやったことがない人、興味がない人もすんなりと世界観に入り込め、楽しめると思う。もちろん少女漫画としての要素も多く含んでおり、恋の行方も楽しみである。

また、友情や心理描写も非常に優れている。試合に勝つ者があれば負ける者もいる。その負けていく者の描写がリアルでアツい。私は特に「肉まん君」が勝利に執着したシーンと二番目が一番悔しいという言った場面では目が潤んだ。

この作者は実力がある。この漫画をオススメするとともに同作者の『ハルコイ』と『クーベルチュール』も強くオススメする。どれも買って損はしない漫画ですよ!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-20 00:21:23] [修正:2010-03-20 00:21:23] [このレビューのURL]

9点 さん

この漫画は六巻まで読みましたので、六巻までの感想とさせていただきます

まず、六巻まで読んだ感想というと、
これ少女漫画かよ? と思いましたよ。むしろこれ少年漫画でしょ? と。
というか、少年漫画ですよ。コレ。
特にそう感じたのが千早対クイーン戦ですね。
別にとらえるとバトル漫画ですからね。

後は、かるたという題材でこれぐらい熱中できるのがスゴイ!!と思います。
早く続きが読みたぁぁい!!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-11 13:03:32] [修正:2010-03-11 13:03:32] [このレビューのURL]

9点 とろっちさん

恋愛要素をあまり詰め込まず、既存の少女漫画のイメージとはちょっと違う印象。
「友情・努力・勝利」の言葉とかがよく似合いそうです。
負けて悔しい、勝ちたい、もっと強くなりたい。
そういう気持ちを前面に押し出した、爽やかさ、熱さが魅力です。

メリハリの付け方がうまくて、とても丁寧な描写ながらテンポも良く、
大ゴマの使い方が非常に効果的なので、ここぞという場面での力強さが引き立ちます。
綺麗で細やかな絵柄と共存した荒々しさ、力強さ、骨太さ。
この作品を推す人は、このギャップに惹かれるのかもしれません。
こういうところが男性にも読みやすいんでしょうね。

読んでいて面白さが熱くこみ上げてくる作品です。

ただ敢えて言うならば、登場人物が皆いい人で、毒が足りない気がします。
爽やかすぎるのもいいですが、もっと波乱があってもいいかも。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-02-25 21:55:00] [修正:2010-02-25 22:39:46] [このレビューのURL]

8点 フクポルさん

<所持歴:全巻。収集中>

中身は百人一首に対してかなり深く描かれてるし、
競技としての戦いも上手く、熱く表現されていると思います。

連載誌は「女性」漫画誌(20〜30代の大人の女性が読者層)なので
「少女」漫画というのは微妙に違うかもしれません。
仮に、これが青年誌(アフタあたり?)で連載されてても全く違和感ありません。

だからこそ、男性読者にもあまり違和感なく受け入れられる
作品に仕上がっていると思います。


1話目冒頭のシーンの後、回想という形で小学生時代、高校生時代が
描かれてますが、今後どの様な形で冒頭のあのシーンに繋がるか
非常に楽しみです。


競技カルタという、自分にとって全く興味ないジャンルであるにも関わらず
読みふけってしまうのは、やはり作品の出来が良いということ。
2009年マンガ大賞受賞というのはダテじゃないです。

現状8点ですが、今後加点の可能性大です。


(作者には過去にトレース騒動がありましたが、そういう先入観は捨てて読んで頂きたい作品です)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-08 23:17:50] [修正:2010-02-07 21:21:50] [このレビューのURL]

PR


ちはやふると同じ作者の漫画

末次由紀の情報をもっと見る

同年代の漫画

BE・LOVEの情報をもっと見る