ホーム > 不明 > BE・LOVE > ちはやふる

7.82点(レビュー数:50人)

作者末次由紀

巻数41巻 (連載中)

連載誌BE・LOVE:2008年~ / 講談社

更新時刻 2011-09-27 16:03:30

あらすじ 小学6年生の千早が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは、千早のずば抜けた「才能」だった−。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

備考 2009年、第2回マンガ大賞2009受賞。宝島社「このマンガがすごい!」2009年オンナ編3位・2010年オンナ編1位に選出。2011年、第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。2011年、テレビアニメ化。

シェア
Check

ちはやふるのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全50 件

ポケモントレーナーみゆきです♪

ちはやふるは、名言あふれる超名作です!
いっぱい背中を押して、励ましてくれます。
いい言葉いっぱいです♪


主人公・千早(ちはや)は、小学生のときに新(あらた)という少年と同じクラスになります。
彼は競技かるた(百人一首)の名人の孫でした。
そんな彼との出会いで百人一首の魅力にハマった千早はクイーンを目指して動いていきます。

個人的には主人公の幼馴染・太一(たいち)にめっちゃ感情移入しますー!!

才能と戦う覚悟を決めた姿、一つの道でとことんやる姿は本当に心打たれます、、


掲載している雑誌は女性誌ですが、王道少年漫画だと思って読むとイメージに近いと思います♪


以上、ポケモントレーナーみゆきでしたー!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-01-25 21:52:29] [修正:2020-01-25 21:52:29] [このレビューのURL]

8点 paranaさん

[ネタバレあり]

23巻までの感想。

主人公の千早と、太一、新の3人を中心とした熱血競技かるたマンガ。
千早のかるたへのひたむきな情熱と成長していく姿が泣けます。

自分の中で、少年マンガは「勝利」が重要な要素で
少女マンガは「好きな人と一緒に」というのが重要な要素だと思っています。
この「好きな人と一緒に」要素が
かるたの団体戦を物凄く面白いものにしているように思います。

そして恋愛要素少なめだったもののいよいよ三角関係に突入開始。
今後の展開も目が離せません。
(泣ける度5★★★★★)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-01-23 23:00:55] [修正:2014-04-19 11:34:30] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

スポ根マンガとして良作。かるたへの情熱がよく伝わってくるし、面白い。
ただ、少女漫画であることの宿命か、恋愛要素がスポ根マンガとしての熱量を削ってしまっているように思う。
少女漫画としてはかなり恋愛要素の少ないマンガではあるけど。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-29 08:57:57] [修正:2013-08-29 08:57:57] [このレビューのURL]

10点 fooさん

魂を揺るがし人生に影響するわけではありあませんが

かるたと言う馴染みのない競技をここまで浸透させ、美しく描き上げる事に成功している事が凄い

20巻以上出ているのに今だ恋愛要素が2割ほどしか無いので、たまに描かれる恋愛描写には凄まじく興奮する。

福井の方言が愛らしく、福井の知名度にも貢献

京女の鮮やかな会話の切り替えし(嫌味)に品があって美しい

メイン人物がとても美しく最高の画力で描かれている、脇役もデザインは陳腐だが、丁寧に大事に描かれている事が伝わり好感が持てる。

子供にも読ませたい、家に置いておきたいと思う良作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-19 23:27:18] [修正:2013-08-19 23:27:18] [このレビューのURL]

9点 fasterさん

少女漫画ではあるが、男子でも普通に楽しめる。
むしろノリは少年漫画に近いところにあり、少女漫画の皮を被った少年漫画であると言えるだろう。

ちはやが才能を開花させていき次々と強敵を倒していく様はまさに王道少年漫画。非常に胸が熱くなる展開の連続である。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-04-08 22:17:37] [修正:2013-07-25 01:03:07] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

ちはやふると同じ作者の漫画

末次由紀の情報をもっと見る

同年代の漫画

BE・LOVEの情報をもっと見る