ホーム > 青年漫画 > コミックビーム > イムリ

8.1点(レビュー数:20人)

作者三宅乱丈

巻数26巻 (完結)

連載誌コミックビーム:2006年~ / エンターブレイン

更新時刻 2012-07-16 19:44:44

あらすじ 遙かなる太古−。長く激しい戦争によって、その星は凍結した。星の名はルーン。凍らせたのは「カーマ」の民。戦後、カーマの民は、ルーンの隣星であるマージへと移り住み、「賢者」と呼ばれる最高権力者を頂点とし、奴隷民「イコル」を最下層とする階級社会を形成、四千年もの歴史を積み重ねていた。四千年。それは、過去の戦争の記憶と意味を風化させるのに、充分すぎる歳月だった。ようやくルーンの氷が溶け始めた今、カーマの民は、故郷であるルーンへの帰還を始める。かつてのカーマの敵であり、そしてその事実を忘却した「イムリ」の民の棲む、すべての母なる星ルーンへと−。

備考 2009年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 punpeeさん

私はこの作品に手を出すかどうか迷っていた中、
TAKO3さんの「作者はこの作品に命かけてるな、そう思わせるほど手がこんでいて練られた話だと思います」という一文で全巻購入を決めました。
結果、出会えて良かったと思っています。

この様な場所で失礼ですが、TAKO3さん、その他レビュワーの方、ありがとうございました。笑


ただ、この作品はあまり万人にお薦めはしにくいです。
設定、ストーリーにおける完成度は素晴らしいですが、正直、読み手が整理整頓しながら、慣れていくまでのハードルが高い様に思えます。
もちろん慣れていけば苦にならないですが。。。
この作品をおそらく作者の意向を汲んで連載し続けたBEAM誌の懐の広さにも敬意を払いたくなる位です。

漫画はあくまでも娯楽の一つであり、読み辛さや分かり辛さと付き合ってまで楽しみたくないという方は、特に手を出す必要は無いと思います。
悪戯にこの作品の評価が下がっていく怖さもありますので。笑


ドラマ「白い巨塔」や、映画「スターウォーズ」の政治的部分が好きな私は、この格差世界のドロドロ感がたまらなく好きです。
更に言うと、権力者側の人間が、自分たちの世界の不条理や非倫理性に気付き、葛藤する心理描写には本当に痺れ、胸が熱くなります。笑

若干の中だるみ感も感じるので、今後の状況に応じ、追加・修正は行うと思いますが、良作だと思います。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2016-02-20 22:17:11] [修正:2016-02-20 22:17:11]

イムリと同じ作者の漫画

三宅乱丈の情報をもっと見る

同年代の漫画

コミックビームの情報をもっと見る