ホーム > 青年漫画 > モーニング > ぶっせん

8.8点(レビュー数:5人)

作者三宅乱丈

巻数6巻 (完結)

連載誌モーニング:1999年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:37:09

あらすじ 史上初!仏教専門学校を舞台にした、青春爆裂コメディ!

シェア
Check

ぶっせんのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全5 件

作者の引き出しの多さに驚きます。

キャラそれぞれ個性が確立していて、愛嬌があり、憎めないキャラばかりです。
そのキャラたちの奇天烈な言動は声出して笑います。

思惑が絡み合い、最後に収束して明確なオチをつける技量も見事です。

ギャグや日常パートの他にも恋愛関係やぶっせんの存続危機など様々な要素を楽しめます。

仏教に無知な自分でも楽しめました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-04-17 18:38:00] [修正:2016-04-18 23:28:28] [このレビューのURL]

10点 デビルチョコさん

笑えます。凄く面白い。

特殊な学園ギャグ漫画。
最初は、普通の学校という設定でも良いのでは、、と思ったが、
随所に出てくる仏教的な知識は興味深く、またそれに絡めたギャグが最高だった。

この著者は本当に何でも描けるなー。。凄い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 09:32:24] [修正:2015-03-04 20:17:12] [このレビューのURL]

9点 booさん

貧乏に喘いでいた仏物専寺の坊主雲心はある日思いついた。そうだ、お金がないなら学校を始めればいいんだ!
「50単位で悟りだ!」募集をかけて集まってきたのは個性豊かすぎる生徒達だった…

禅寺ぶっせんを舞台にしたとんでも仏教コメディ。何この色物すぎる設定?と思うかもしれません。だまされたと思って読んでみてください。するともうあなたはぶっせんの虜です。

これだけ笑わせてもらった漫画は久しぶりだった。
ぶっせんの面々を中心に出てくる人物の愛すべきアホさがもう大好き。現実にいそうでいない個性的なやつらばっかりで楽しくなります。少なくはない登場人物が幾重に絡んで笑いをとっていくさまは、まさに喜劇を見ているようです。
各話の終わりでしっかり落として笑わせてくれるのはまさにギャグ漫画のそれです。単体として見ても十分におもしろい。しかし実はジョーや三条の話に代表される青春を描いた物語でもあって、各話でみるとギャグ漫画、全体でみると青春漫画という二重構造になっているんですね。だからこそ少なくはない登場人物たちを多くはない巻数でより魅力的に描写できているし、それがまたコメディパートをおもしろくする好循環となっています。
最後は地味に脇で進めてきた話がぶっせんの卒業式に結実する。本当にコメディか?ってくらい泣いてしまった。どんなに楽しいこともいつかは終わってしまうこの寂しさは今日から俺は!を読んだ人は分かると思います。冷静に考えるとどちらかというとバッドエンドのはずなのにこの清清しさというか希望に満ちている感じは何故だろうw
レオなどコマの裏での小ネタも充実しているので探してみると楽しいです。

設定といい絵柄といいパッと見て買おうとはしないかもしれない。でも紛れもない名作なんです!読まなきゃ損!
このおもしろさを人に宣伝したい気持ちもあれば自分の中の宝物にしときたい気持ちもあるという…そんな漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-15 23:56:04] [修正:2011-08-01 19:46:34] [このレビューのURL]

8点 チャドさん

とにかくいろんな要素が入り混じり、それでいて毎回ラスト1コマでサラッと落とす。
寺というのが、こんなにもギャグになり得るとは思ってなかった。
まぁ、実にバカバカしくもありながら、意外とあったかくもあり、最後まで一気に読んだ。
キャラもそーとー個性的。個人的にはマナの迷走っぷりがツボ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-05-19 07:41:16] [修正:2008-05-19 07:41:16] [このレビューのURL]

9点 weaselさん

仏教、恋愛、友達、師弟、不況、修行
全てがギャグになってておもしろい。
正介幽霊が所々にいて読者への気遣いを忘れないのもいい

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-12-14 01:23:16] [修正:2006-12-14 01:23:16] [このレビューのURL]

PR


ぶっせんと同じ作者の漫画

三宅乱丈の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る