ホーム > 青年漫画 > モーニング > プラネテス

7.6点(レビュー数:102人)

作者幸村誠

巻数4巻 (完結)

連載誌モーニング:1999年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:41:39

あらすじ 時代は2070年代(2075年以降)、人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちは生活し、様々な仕事をしている。だがその一方では、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。

主人公のハチマキは宇宙で働く会社員。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

備考 表題πλάνητεςは古代ギリシア語で「惑う人・物」、英語planet(惑星)の語源である。

2002年度星雲賞コミック部門を受賞。
2003年アニメ化。

シェア
Check

プラネテスのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全102 件

10点 トニーモンタナさん

思い入れのある作品。

近未来が舞台で、今後宇宙開発で起こるであろう問題点などは先見性がありそうです。
人生、愛とか普遍的なものは近未来でも変わらない本質なんだなあと。

自我や価値観の確立するまでの模索の描写はほんとに素晴らしかったです。壮大な創世記を目撃をしてるくらい痺れました。

セカイ系って言葉がありますが、あれは自意識と未知の抽象的な世界が繋がってましたが、
これはハチマキが世界を理解した上での自己との関係を描いた不セカイ系、脱セカイ系って感じですかね。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-18 22:22:32] [修正:2020-04-02 12:13:36] [このレビューのURL]

7点 トカレフさん

主題は宇宙飛行士の群像劇で、実際に作者が宇宙に対して抱いている興味の強さや知識の深さが伺い知れる。
しかし真の主題はさらにその先にある、作者の持つ「愛」についての哲学だろう。
作品の性質を上手く活かしながら、自分の哲学を描く事に着地点を据えているところは、ある意味寄生獣にも通じていると思う。
話の連続性が薄く、主役もエピソード毎に異なり、テーマも壮大なため、割と読み方にはコツがいるが、大人も読める名作だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-21 11:13:00] [修正:2016-09-21 11:13:00] [このレビューのURL]

9点 二軍Tシャツさん

生まれて初めて衝動買いをしたのがこの作品。
当時中学校2年か3年でしたかね。

当時は熱血ハチマキとでも言うのでしょうか、初期のハチマキに感情移入して読んでいましたが、高校、そしていま大学に入ってから改めて読むことで、新たな発見が逐一あり、また読み方も変わってきますね。

三巻収録、タナベの父が、ははっ!と言って頭をペンと叩くシーン。タナベの父のしわしわの顔が、一瞬若返る場面が大好きです、特に理由はなく。
いわゆる哲学的な作品なんですが、正直あんまり考えなくてもすらすら面白く読めてしまいますが、それはあまりにも勿体無い。
人間の内宇宙と外宇宙、そういったことがテーマなんでしょうかね。

いつも手の届くところに置いておき、年をとる毎に読み直したいですね。
願わくばハチマキやゴローの様な大人になりたいです。

追記:小説版も出ているので、機会があれば是非どうぞ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-03 07:07:13] [修正:2015-12-31 19:04:23] [このレビューのURL]

8点 gundam22vさん

[ネタバレあり]

既に有名作品だと思いますが、それだけのものがある
と思います。デブリという宇宙ごみに注目した設定が
斬新ですし、主人公が宇宙ごみ処理仕事から
木星開拓宇宙飛行士を目指す中での哲学的な
話も「ここ(地球)も宇宙なんだ」とか
言って一瞬「え?」っとなった後で「おお」と感銘
を受けたりしました。画力も力があり最初は粗い
ですが、徐々に整って行きます。色んな話が盛り込まれて
全4巻ですが不足を感じないほど密度が濃かった
です。愛に関しては賛否両論のようですが、1人で生きて
1人で死んで満足な人もいるだろうと思う点では1つの
主張に過ぎないと思いますが、1つの立場としては筋が通って
いた方かと。対論としてロックスミスという主人公の
ラストでの主張にも否定的な人物もいましたし(彼の
エピソードも印象的。アニメ版にはない)。

アニメでも結構知られている作品のようですが、やはり原作の
方が良いと思いました。向こうにある軽すぎて、悪ノリ
ではという話がこちらにはありませんし(オリキャラ
使ってのオフィスコメディや恋愛話)、向こうでクライマックスに持って来て焦点当てたテロとの戦いが愛という
言葉で切り捨て的に後味がやや悪いのが、こっちではすぐに単発話で終わって、紹介に留まり尾を引かず粗が目立ってませんから。

そういう意味でもアニメしか見ていないという人、短い
漫画で面白い作品を探している人にも特にお薦めの作品
だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-28 12:01:16] [修正:2015-06-28 12:01:16] [このレビューのURL]

10点 デビルチョコさん

凄くメッセージ性が強い作品。
人とは、愛とは、戦争とは等々、内容が哲学的。

この漫画の凄い所は、
国や肌の色、また宗教等という枠ではなく、
これまで培ってきた価値観や人生観を、宇宙という壮大なスケールで
とらえようとしていること。

そういった内容にも関わらず、押し付けがましく感じないのは、
デブリ(宇宙空間のゴミ)回収屋というSF要素やギャグシーン等を
巧みにストーリー絡めていたからだと思う。

デブリ回収屋という着眼点は勿論素晴らしいが、
この作品は宇宙を舞台にするべく、なったものだと感じた。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-01 23:01:24] [修正:2015-03-01 23:12:04] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

プラネテスと同じ作者の漫画

幸村誠の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る