ホーム > 青年漫画 > モーニング > プラネテス

7.6点(レビュー数:102人)

作者幸村誠

巻数4巻 (完結)

連載誌モーニング:1999年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:41:39

あらすじ 時代は2070年代(2075年以降)、人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちは生活し、様々な仕事をしている。だがその一方では、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。

主人公のハチマキは宇宙で働く会社員。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

備考 表題πλάνητεςは古代ギリシア語で「惑う人・物」、英語planet(惑星)の語源である。

2002年度星雲賞コミック部門を受賞。
2003年アニメ化。

シェア
Check

プラネテスのレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全102 件

8点 幻想さん

作者が読者に向かって自分の考えを提示した作品だと思います。
様々なメッセージが物語にあり、共感できる部分もあった。綺麗にまとまりすぎていなく、楽しんで読めた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-31 05:06:03] [修正:2010-08-31 05:06:03] [このレビューのURL]

8点 さかさん

自分と向き合う、仲間のありがたさ、愛など
いろいろ見どころがあるし、結末までしっかりしています。
とてもまとまりのある漫画だと思います。
細かいことは他のレビュアーさんのを参照してください(笑)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-04 22:31:58] [修正:2010-08-04 22:31:58] [このレビューのURL]

6点 fuyu1415さん

宇宙デブリというテーマを扱っている点だけで一読する価値あります。

しかし、地上から物質を輸送する手段はロケット(重量あたりの費用はすこぶる高い)しかないにも関わらず、大分宇宙生活は快適なのは少し首を傾げざるを得ないです。どうせなら、宇宙エレベーターを登場させていれば、もっと面白くなるではないかと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-06-28 16:54:06] [修正:2010-06-28 16:54:06] [このレビューのURL]

9点 jonnyさん

いやもうでっかいなぁ
宇宙そのものみたいな4冊だなぁ
登場人物も宇宙みたいなやつばっかだったなぁ
つーか4巻分厚すぎだよなぁ

俺はちっちぇなぁって感じの漫画だなぁ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-02-17 19:30:13] [修正:2010-05-28 20:38:43] [このレビューのURL]

3点 マルフォイさん

とても退屈な漫画だった
愛がどうだの言われてもね・・・
ただ大人になって精神的に成熟したときに読むとまた評価は変わると思う漫画でもある

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-12-25 01:13:19] [修正:2010-05-21 00:57:46] [このレビューのURL]

PR


プラネテスと同じ作者の漫画

幸村誠の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る