ホーム > 青年漫画 > モーニング > プラネテス

7.6点(レビュー数:102人)

作者幸村誠

巻数4巻 (完結)

連載誌モーニング:1999年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:41:39

あらすじ 時代は2070年代(2075年以降)、人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちは生活し、様々な仕事をしている。だがその一方では、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。

主人公のハチマキは宇宙で働く会社員。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

備考 表題πλάνητεςは古代ギリシア語で「惑う人・物」、英語planet(惑星)の語源である。

2002年度星雲賞コミック部門を受賞。
2003年アニメ化。

シェア
Check

プラネテスのレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全102 件

7点 臼井健士さん

激レベル高いアニメ版からの逆輸入で読んでみました。
なんと、アニメ版は原作2巻の新人加入のエピソードからスタートしていたんですね。
それまで1冊半に渡って、ハチマキを中心としたデブリ回収チームの背景が語られます。

只、アニメ版で「半課」などと揶揄されるほどの半端者の集まりという感じはしません。
熱血かつ単純なハチマキの夢に向かってのステップ・アップとも挑戦ともいうべき物語です。
作画ではアニメ版のようが明らかに上ですが、原作の作画をアニメが超えるなんて珍しいと思います。

やはり来るべき人類の活躍の地としての宇宙という面と、孤独な空間としての宇宙という両面を描く点が魅力でしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-31 14:02:47] [修正:2010-12-31 16:36:40] [このレビューのURL]

10点 Hopeさん


哲学的な作品です。
大勢の人がレヴューを描いているのでそれ以上のことは書けないのですが、
ハチ、愛さん、フィーさん、憧れてしまいますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-26 23:13:53] [修正:2010-12-26 23:13:53] [このレビューのURL]

6点 torinokidさん

総じて面白く読めた。

途中でストーリー展開が若干とっ散らかったようにも思えたが、
最後は綺麗にまとめてある。

ホントの主役は実は親父なんじゃないだろうか?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-16 13:25:39] [修正:2010-12-16 13:25:39] [このレビューのURL]

8点 ginziさん

この漫画は人間の本質というか、
人生の本質を考えさせられる漫画であると思う。
主人公が経験や出会い、葛藤を通して成長し
作品の前半と後半とで主人公のキャラというか考え方が変わっていて
どちらの考え方も人間の本質をかなり的確に捉えていると思うし、
共感できる部分も多いと思った。
話の内容も非常によく練られていて、読んでいて引き込まれてしまうし、全てのキャラが魅力的で、キャラが立っていると感じる。
読んだ後の後味もすごく良かったし、万人に薦められる良作だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-17 02:50:47] [修正:2010-11-17 02:52:23] [このレビューのURL]

10点 drop itさん

この作品についてのレビューを読むと、同じ表現でも人によって様々な受け取り方があるんだと分かってとても興味深いです。

私にとっては人生に影響を与えた名作。

絵柄が好みだとか4冊で完結するちょうど良い長さであるとか細々とした理由もありますが、私が感動を覚えた最大の理由は、この作品が人のあるべき生き方を訴えてかけていると感じ、またそこに強く共感したから。主人公ハチマキの生き方が、まさにそれを体現しています。

閉鎖され他から隔絶した個が、他と接触することで属している全体を認識し、再び“全体の一部としての”認識を持った個(個でありながら常に全体でもあり得る)に回帰するという。この主張は、古くは釈迦の仏法思想に、今で言えばベストセラービジネス書スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」と通じるものでしょう。

ちなみに私(というかみんな?)にとっての最重要ポイントは・・・ゴローがハチマキにスピーチを任せるきっかけとなったセリフ。あそこでハチマキが虚ろになりながら言った一言こそ、この作者が言いたかったことじゃないかなあ。
真理だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-11 20:35:50] [修正:2010-11-11 20:35:50] [このレビューのURL]

PR


プラネテスと同じ作者の漫画

幸村誠の情報をもっと見る

同年代の漫画

モーニングの情報をもっと見る