ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 寄生獣

8.02点(レビュー数:288人)

作者岩明均

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1988年~ / 講談社

更新時刻 2012-08-21 12:43:08

あらすじ ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。それは、人間に寄生して脳をのっとり、別の生き物となって日常生活に紛れ込む。肉体ののっとられた部分は「考える筋肉」とでも言うべき特性を帯びていた。高い知性を持ち、刃物や紐などの形に自由に変形し、寄生した個体と同族を捕食の対象とする。捕食の際には寄生体全体が口となる。そのエサは人間…間一髪で脳ののっとりを免れ、しかし右腕に寄生された主人公の高校生・泉新一。その「右腕」・ミギーとともに始める寄生生物=パラサイトとの戦いを描く。

備考 モーニングオープン増刊に不定期連載されていたが移籍した。

シェア
Check

この漫画のレビュー

10点 naoto613さん

新一とミギーの会話や「勢い余って2周しちまったぜ」などセリフが面白い
戦闘シーンにも色んなパターンがあって面白い
色んな要素を10巻という少ない巻数に詰め込んでいるので密度が凄いです

一番好きな漫画 10点です

ナイスレビュー: 1

[投稿:2019-05-28 07:45:25] [修正:2019-05-28 07:45:25]

寄生獣と同じ作者の漫画

岩明均の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る