ホーム > 青年漫画 > ヤングアニマル > ギガントマキア

6.42点(レビュー数:7人)

作者三浦建太郎

巻数1巻 (完結)

連載誌ヤングアニマル:2013年~ / 白泉社

更新時刻 2014-08-09 02:00:34

あらすじ 数億年に一度繰り返される地球規模の大災厄の彼方。その変わり果てた世界を舞台に語られる生命群の激突。神話の巨人を擁する帝国に、ただ一組の男女が挑む。男の名は「泥労守(ルビ・デロス)」、女の名は「風炉芽(ルビ・プロメ)」。彼らの目的と、この世界の成り立ちとは…?

備考 短期集中連載

シェア
Check

ギガントマキアのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全7 件

10点 nur_wer_die_sehnsuchtさん

[ネタバレあり]

『ギガントマキア』は崇高な作品なんだよ。
あれは現代文明に対する大否定なんだからな。
それを「プロレス」というもので表現したわけだよ。

プロレスというのは、口の悪い、また頭の悪い連中には「八百長」だの「ショー」だのって言われるよ。しかし本質はまったく違うわけ。
あれは相手のどんな大技も真正面から喰らって、自分も技を出す、ということなんだよな。それをお互いの絶対の信条としている生き様のことなんだよ。
あの主人公はそれをやっているわけ。

相棒は効率的な機械だよな。だから最も効率の良い合理的な方法論を導き出せる。
まあ、そういうものがあると思い込んでいるのが現代人なわけ。
あの相棒に関しては、主人公への思いがあるからまだいいんだけど、あの敵どもは違う。完全に損得で動いているわけだよ。

巨人というのは神話の世界だ。要は人間を大きく超えた存在であり、無敵の力を持っている。
そういうものはこの世界に実際にある。だからそれをどうするのか、という問題提起をしているんだよ。科学なんてものを手に入れて、お前(人間)はどうするのだ、という問い掛けなのな。
答えはあの中にあるように、力の大きさなどは一切関係無い、ということなんだよ。姿形と共にな。この世にはもっと重要なことがあるわけ。それをプロレスの壮絶な生き様というもので見せている作品なんだよ。

まあ、普通は『ベルセルク』なんてものを描いてしまえば、他のことは一切出来ないはずなんだけどな。怖ろしく底の深い作家だよなぁ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-08-17 13:08:52] [修正:2018-08-17 13:08:52] [このレビューのURL]

6点 punpeeさん

単行本の帯に、でかでかと「脳細胞が老いる前に、やっておかねばならないことが在る!!?三浦健太郎」ってセールスコピーがありますが、
どう考えてもベルセルクを進めてくれって、誰もが突っ込んだのではないでしょうか。笑

内容は悪くなかったです。
やっぱり迫力がありますね。
他作品で巨人ものがブームになりましたが、この作者の迫力や世界観はさすがといったところ。

もしかして、自分の方が巨人物をハイスケールで描ける!
という意味での冒頭のセールスコピーではないのかと深読みしたくもなりました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-13 18:29:21] [修正:2016-02-13 18:29:21] [このレビューのURL]

6点 森エンテスさん

面白かったです。
圧倒的な画力のおかげでファンタジーの世界が薄っぺらくなっていないのはさすがです。

今後も続いていきそうな物語ですけど、ベルセルクを休載してしまうのは困ります。
とはいえ、息抜きでこういう作品を描かないと溢れてしまうかなとも思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-30 19:35:38] [修正:2015-07-30 19:35:38] [このレビューのURL]

5点 asd5さん

いいんですけど、やっぱりベルセルクを描いて欲しいというのが正直なところですよね(笑)
このネタはベルセルクで使えるんじゃ?とか、ベルセルクでは無理か、とかそういう目で見てしまいます。
普通に面白いですけどね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-17 22:25:10] [修正:2015-06-17 22:25:10] [このレビューのURL]

6点 gundam22vさん

どこかで見たような既視感ある世界観、流行りの「進撃の巨人」に影響受けてるなと思う部分、「ベルセルク」投げ出しで新作かよという部分などで評価はあまり高くない印象ですが、さすがにベルセルク作者作品だけに面白かったです。全1巻ですが主人公とヒロインはじめキャラは立っているし、バトルは迫力あり、それなりに纏まっているところも好印象(再開しようと思えば出来るししなくても良い終わり方)。息抜き的な佳作読み切りという感じです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-23 02:36:36] [修正:2015-05-23 02:36:36] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

ギガントマキアと同じ作者の漫画

三浦建太郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングアニマルの情報をもっと見る