ホーム > 不明 > Championタップ! > 臆病の穴

6.75点(レビュー数:4人)

作者史群アル仙

巻数2巻 (完結)

連載誌Championタップ!:2014年~ / 秋田書店

更新時刻 2015-08-09 19:09:21

あらすじ

備考

シェア
Check

臆病の穴のレビュー

点数別:
1件~ 4件を表示/全4 件

世の中の不条理や鬱屈とした日々を寓話的に描いてます。

ノスタルジックな絵柄ですが、不安や嫌悪など負の感情が色濃く浮き彫りされています。
ユーモアも全くありません。

受容しづらい作風かもしれませんが、生きることに息苦しさを覚えてる人には
ずっと胸に残る作品だと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-09-04 13:43:39] [修正:2016-09-04 14:11:45] [このレビューのURL]

5点 s-fateさん

このマンガは単純にエンターテイメントとしてのマンガとしては受け入れづらいと思います。前作の「今日の漫画」から読めばわかりますが、社会復帰のリハビリで描いたマンガから発展して本作に至ったと思われるからです。それを作者が大好きな昭和50年代くらいまでの、特に吾妻ひでおや手塚治虫あたりに影響を受けた絵、そしてそれら巨匠の時代に見られた毒も取り入れた現代では異質な表現方法。作品から見て取れる素の躁と鬱というか、ハレとケの振れ幅が(これでも)小さくなり作者が社会復帰の方向へ向いたことに安堵できる内容ではあると思います。
 文章の作品ならこの手のものもありますが、マンガでは少ないので受け取り方が難しいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-11 14:20:03] [修正:2016-06-11 14:20:03] [このレビューのURL]

6点 そうすけさん

全二巻ショートショート。
バッドエンドが結構な割合であるあたり、「空が灰色だから」と似ているといってもいいかもしれないが、絵柄はまったくの別物。
バッドエンドの内容も「空が灰色?」は精神的なものが多かったけど、こっちは物理的に悲惨なことになってるように感じる。

読んでてあまり楽しい気分になる漫画ではないことは確か。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-06 21:52:10] [修正:2016-06-06 21:52:10] [このレビューのURL]

9点 森エンテスさん

漫画を好きで良かったと思わせてくれる作品です。

昭和テイストな絵柄と物語ですけど、人間の普遍的な悩みや焦燥感を描いており、時々凄く読み直したくなる作品です。

作者の中にある心象風景がこのような世界なのだとしたら・・・・ツライかもししれない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-14 23:22:37] [修正:2016-01-14 23:22:37] [このレビューのURL]


臆病の穴と同じ作者の漫画

該当なし

史群アル仙の情報をもっと見る

同年代の漫画

Championタップ!の情報をもっと見る