ホーム > 少女漫画 > Cookie > 潔く柔く

7.33点(レビュー数:6人)

作者いくえみ綾

巻数13巻 (完結)

連載誌Cookie:2004年~ / 集英社

更新時刻 2009-11-25 06:40:06

あらすじ 由麻は通学電車で痴漢に悩まされている。由麻に好意を抱く同級生の諏訪は由麻を守るため一緒に通学し、そのまま流れで2人は付き合い始めることに。だが、由麻は毎朝同じ電車に乗る生物教師の梶間が妙に気になって…。
登場人物それぞれの成長と日々の恋愛模様を、数話完結のオムニバス形式で描いた作品。
 

備考 最終巻には番外編「切切と」も収録。
2009年、第33回講談社漫画賞少女部門受賞。
 

シェア
Check

潔く柔くのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

6点 kikiさん

[ネタバレあり]

最初オムニバスでそれぞれの話が独立しているのかと思ってました。
様々な主役になった人々が最後の方繋がったのには、いくえみ先生かなりな力技だなぁ(ちょっとムリヤリ感あふれてましたが…)と。

メインは高校時代に交通事故でなくなったハルタの周りの人々の再生と、ハルタに一番近かったカンナの立ち直りの話になるのかな?主役が入れ替わり立ち代りだけど、皆の恋する気持ちのセキララさはさすが上手い。恋愛ってキレイ事だけじゃないですよね。特に周りの男が皆惚れてしまう美女カンナにもやもやしてしまう百花のエピソードは女の嫉妬心を見事に描いてて秀逸かと。

あと直接的な加害者でないものの自分のせいで人を亡くしてしまう罪悪感をもって何年も生きる二人の姿もよく描けているかと。二人がどう立ち直るのか結構ハラハラして読ませられました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-01-27 23:03:21] [修正:2014-01-27 23:03:21] [このレビューのURL]

10点 fooさん

いくえみ先生が大好きで、初の大長編!それはもうたっぷり10点つけます。
かの人あたりから匂わせていた群像劇を、ここでカタチに!

物語の中心人物を2大柱に掲げ、一方は未来へと進む話、もう一方は過去に遡って行く話と面白い構図になっています。主人公たちやその周りの人達の過去から今、大人になるまでをまるごと絵がいて様ざまな人間関係から主人公たちが、繋がっていく。

とにかく登場人物が多いので一気読みをススメます、オムニバス形式のような感じですが、ちゃんと話が繋がっているので名前と顔を覚えるのがちょっと大変

いくえみメンズはみんなかっこよく、誰かしら感情移入できる人がいるはずです

一人の死によっていろんな距離でその人と関わった人達が出てきますので
嫌でも最後のほうは人が死ぬって何だろう。って考えることになります。

いくえみ先生大好きなので文句の付け所もないし、むしろ
13巻も続く話を描いてくれて感謝すら感じます。

是非また長めの作品書いて欲しいです。漫画家生活長いのに
未だに高校生をテーマに描けて、絵も古くならずに描けるのは凄いです
華麗なコマ割にリアルなセリフ、絶妙な間の取り方。かっこいいです!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-23 17:56:35] [修正:2013-09-23 17:56:35] [このレビューのURL]

6点 booさん

同作者のバラ色の明日に興味があったのと、とろっちさんのレビューが熱かったので読んでみた作品。

代替のない大切な人を失った時、それを埋めるのは時間と他の誰かとの絆しかない。
再びカンナの時が動き出すまでの物語。

要はトラウマを乗り越えるまでの話だ。携帯小説から漫画まであらゆるメディアでやりつくされている題材なのに、他と一線を画すのは確か。

いくえみ先生の物語のつづり方は非常に丁寧で好感が持てる。
時はゆるやかに、穏やかに進む。
カンナが主軸とはいっても、群像劇がカンナに纏まっていくというだけで当人にとってはやはり自分が主役なのだ。

話は常に一人称で語られる。少女漫画らしい独りよがりで自己完結的な物語(悪口じゃないよ)。
ただ、ここで群像劇というのが効いてくる。独りよがりもたくさん集まれば独りよがりではなくなってしまう。狙っての工夫かどうか分からないけど、おもしろい。

トラウマを描く作品としては古谷実作品のこちらの世界を侵食してくるような生々しさはなく、日常を描く作品としてもくらもちふさこ作品の境界をいつの間にか踏み越えてくるようなリアリティの追求と妄想は存在しない。
潔く柔くは良くも悪くも読み物の域を超えてはいない。軽く読めることはそれはそれで良いことだし、その独りよがりさも作品に乗れてしまえば最高に没入できるのだから悪くはないと思う。
軽く読めるにも関わらず、その独りよがりさは人を選ぶ。これまたおもしろい。

長々と書いておいて何だけど、結局私はこの作品を好きになれない。というのも登場人物にあまり興味が持てないから。興味がないというのはある意味嫌いより悪いかもしれない。
いくえみ先生の描くいい男はほぼ全員一緒に思えるのと、その男どもを全く魅力的に感じない。別に作者が女性だからとかではなくて単純に相性の問題。三千花の話に代表されるような軽薄さと変な爽やかさのせいか違う世界の生物のように感じたことがしばしば。
お前らの頭には恋愛しかないのか?って程、ほぼ最初から最後まで恋愛の話のみだったのも要因の一つだろうか。
この作品で描かれているのは少なくとも私が共感できる日常ではなかった。

要約すると、こういう一人称の心理描写に特化した作品は登場人物に共感できないと無理ってこと。外伝の「切切と」が一番好きだった辺りから私の好みがうかがえるなぁと自分で思う。惹かれた人物もいたにはいたけど少数だったので。
思えばくらもちふさこファンの私としてはこの手の作品のハードルが高い上に、いくえみ綾というペンネームがくらもち作品由来と知っていたので無意識に比べてしまった部分があるかもしれない。そういう意味では残念。

おもしろいというか色々と興味深かった漫画。はまればバイブルになりうるとは思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-06 03:25:10] [修正:2011-09-07 15:04:43] [このレビューのURL]

10点 とろっちさん

様々な登場人物が織り成すオムニバス形式の群像劇。

それぞれの話はどこかで、誰かでつながっていて、
「人が、人と関わって、ある関係が、動く、変化する、生まれる、無くなる、残る」
そういうのがこれ以上ないほど見事に描かれた、傑作としか言いようがない作品。

とある話では主役だった人が別の話では脇役になり、さらに別の話では憎まれ役になったりもしながら、
いろいろな人がそれぞれの話の主役になり、自分たちの物語を紡いでいく。
一つ一つのエピソードはどれも暗く、重く、地味なものばかり。
みんな弱くて、苦しんで、迷い込んで、立ち止まる。

15歳のときに大切な存在を失い、自分の時間が止まってしまったカンナ。
「冷血人間」と言われながらも、実は熱いものを隠し持つ梶間。
作中の数多くのエピソードすべては、「カンナサイド」と「梶間サイド」のどちらかに大別される。
喪失感と罪悪感に押し潰されてしまったカンナをあくまでも深く話に絡ませる「カンナサイド」と、
どちらかと言うと梶間が脇役的な役割に徹し、彼を取り巻く周囲が魅力的な「梶間サイド」。

どのエピソードも非常に秀逸ではあるものの、それぞれのサイドが互いに全くの無関係とも
思えるままに物語は進んでいく。
しかし終盤、それらが時間も場所も超えて縦横無尽に紡ぎ合い、一つにまとまっていく。
その加速度的な勢いに圧倒される。 凄い。 本当に凄い。

そしてそのつながりがカンナを再生へと導いていく。
人と人とのつながりが。 ゆっくりと静かに流れていった時間が。 魂を揺さぶるような言葉が。
「無事23歳になった?」
カンナは止まってしまっていた物語を紡ぎ始め、再び自らの人生を歩み出す。
自分の弱さと、過去と、正直な心と向き合いながら。 潔く、柔らかく。

最後は何気ない日常の1コマで終わりを迎える。 敢えてその場面で締めることに意味があるのだろう。
彼の今となっては決して報われない思いを、忘れられていく情景に添えて送るのだ。
描ききったすべての登場人物に、作者から感謝の意と愛を込めて。
そこでこの作品はカンナのためだけにあるわけではないということに気付く。

魂の再生と評されたこの物語。
作中で未来は誰の上にもあるのだということを逆説的に提示してくれているのかもしれない。
少なくとも生き残った者はそう信じて生きていくしかない。
みんな前を向いて自分の道を歩いて行く。 代わりなんてない、自分の物語を。 進め、進め、進め!

ナイスレビュー: 4

[投稿:2011-01-04 01:31:57] [修正:2011-01-04 01:32:28] [このレビューのURL]

6点 lillyさん

最初に読んだいくえみ綾作品がこれでした。

個人的には、
一番最初のカンナ編が一番好きです。
リアルタイムで雑誌で読んだ時、二回ぐらい泣いた記憶あり^^;

作品自体は、
どのエピソードも重たさ・苦しさ等持つので、
漫画でまでそういう気持ちを経験したくないという人には不向きですが、
共感出来たり、
胸が締め付けられる思いになったり、というのが少なからずあるので、
「嫌いじゃなければまずは読んでみて」と言ってみたくなる作品。


一通り最終話まで読んだ後に、もう一度読み返すと、
また違った読み方が出来るかも。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-09-03 22:39:31] [修正:2010-09-03 22:39:31] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

潔く柔くと同じ作者の漫画

いくえみ綾の情報をもっと見る

同年代の漫画

Cookieの情報をもっと見る