ホーム > 不明 > 月刊コミックバーズ > 烏丸響子の事件簿

4.33点(レビュー数:3人)

作者コザキユースケ

原作広井王子

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊コミックバーズ:2003年~ / 幻冬舎

更新時刻 2009-11-25 00:46:46

あらすじ 近未来の東京、浅草。高層ビルが立ち並ぶ中でここだけは山門、五重塔、小道の鳥居や道祖神など、昭和中期の名残りを残している。そんな異色の街・浅草に突然\\

シェア
Check

烏丸響子の事件簿のレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

6点 朔太さん

画も綺麗で、ストーリーも明快で、サクサク入ってきます。
神代の時代から人を喰らって生きる“鬼”族は、時には
権力者の兵ともなり、時には村を守る神となりながら、
供物として“人”の提供を受けてきました。

鬼の血を継ぎながら、人として生きる響子の葛藤が中心に
あります。鬼対人の対決から、鬼を利用する人対人の対決に
すり替わってきた時点で、やや鬼の哀しみに関する焦点が
ぼけてきたのは残念です。
そんなに簡単に人の思惑にはまる鬼って・・、感じですね。

最大の違和感は、タイトルですね。
事件簿というからには、毎号異なった複数の事件が
展開されないとダメですよ。
最初の数話は確かにそうでしたので、そのまま読み切りで
行くのかと思いきや、2巻あたりから展開が連続的になり、
普通にストーリー化しましたから。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-07-25 22:41:35] [修正:2016-07-25 22:41:35] [このレビューのURL]

1点 asd5さん

ストーリーを考えるのに必死で、キャラが立ってこない。
結果ストーリーも面白くならないという、ままあるタイプの漫画。
原作者つき、しかも有名作家さんなのに、こんなもんですかねえ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-20 19:33:09] [修正:2013-09-20 19:33:34] [このレビューのURL]

6点 森エンテスさん

ずいぶん長い事連載していたような気がしますが、無事連載を終了したアクション漫画。

主人公が強い女性でしかも訳ありと言う、結構テンプレな設定ですが、原作者と漫画家のセンスが良い具合で相乗効果を発揮しています。

最終話付近は急ぎ足でしたが、良い終わり方をしたと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-03-29 17:49:31] [修正:2012-03-29 17:49:31] [このレビューのURL]


烏丸響子の事件簿と同じ作者の漫画

該当なし

コザキユースケの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックバーズの情報をもっと見る