ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > 極黒のブリュンヒルデ

6.6点(レビュー数:5人)

作者岡本倫

巻数18巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2012年~ / 集英社

更新時刻 2012-05-18 23:27:05

あらすじ 子供の頃に事故で死なせてしまった幼なじみの女の子の事が忘れられない高校生・村上良太は、彼女との約束(宇宙人が存在することの証明)を果たすべく、天文部に在籍し毎日夜空を見上げ探し続ける。ある日、良太の前にその幼なじみと瓜二つの転校生・黒羽寧子が現れる。彼女は研究所から逃げ出してきた魔法使いだった。

シェア
Check

極黒のブリュンヒルデのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全5 件

5点 p-mcgoohanさん

後半に一気に失速した、
打ち切りになったのが丸わかりだった作品。

本当に描きたかったラストがこれだったとは到底思えない。
何もかもが消化不良な残念作。
10巻あたりまで面白かったのに。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2017-05-14 04:21:35] [修正:2017-05-14 04:21:35] [このレビューのURL]

6点 gundam22vさん

暗い世界観設定ながら相反するほのぼのや独特のギャグ、緊張感のある先の読めない展開、絵柄とギャップのあるグロ満載など見所がある作品だったと思います。終わってみれば重大な魔女の孵卵問題が放置されて、エヴァンゲリオンで見たような既視感で急展開に畳まれて行ったのが残念ですね。絵柄も個人的に雑というか違和感ある感じになってしまいました。第二部途中から勢いが落ちていた中なので打ち切りだったと思われます。主人公とヒロインも掴みどころがないキャラで好感が持てるという性格でもなく、サブキャラ達の方が存在感がありました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-08-18 03:36:51] [修正:2016-08-18 03:36:51] [このレビューのURL]

単にエロさを売りにしている作品かと思いましたが、主人公と特殊なチカラを持った少女達の生死をかけた攻防が非現実的な中でも、生きることへの努力や執念、そして友情などがバランス良く描かれている作品だと思いました。

臓器物などが、ややリアルに描かれてはいますが嫌な感じもなく読める作品でした。

今後の展開も、導入されていく新たなる特殊能力を持った少女も気になる作品だと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-01 06:11:53] [修正:2015-03-01 06:11:53] [このレビューのURL]

「エルフェンリート」に似てますが、作者の腕も熟練されていて、
こちらの方が完成度高いと思います。

相変わらず先が読めない展開です。
伏線もまだ幾つも貼られていて、期待できます。

少女たちの過酷な境遇の中での悲壮感もよく表せてます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-25 20:22:30] [修正:2014-11-25 20:22:30] [このレビューのURL]

10点 seg691さん

岡本倫先生の大ファンですが
エルフェンリートのような作品を書こうとしてできたのが
このマンガだそうで・・・・・・・・

可愛い女の子が出てくるなと思ったら
酷い死に方をしたり
何か独特の世界観が好きです。

ギャグもあるし読みやすいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-10-20 12:26:54] [修正:2013-10-20 12:26:54] [このレビューのURL]

PR


極黒のブリュンヒルデと同じ作者の漫画

岡本倫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る